睡眠薬と精神科ビジネスモデル

睡眠薬は、大きく分けて、ベンゾジアゼビン系と非ベンゾジアゼピン系に分かれます。耐性や依存性、服薬中止後の反跳性により分類されているらしいのですが、私の経験上、レベルの差はあれ、どちらも1~3か月で効果は弱まります。

 

また、効果時間(半減期)別に短期間(2~3時間)、中期間(4~6時間)、長期間(6時間以上)と3つに分けられる。これは、睡眠ハンドブック、医者の見解、HPや書籍の情報で短期、中期、長期の時間にばらつきがあるので大よその目安だ。

 

しかし、どの睡眠薬もある程度の期間をすると効果が低下するので、処方量を増やしたり、強めの睡眠剤に変えたり、短期、中期、長期を組み合わせたりするのは、私の通院した6つの精神科では、ほぼ同じだった。そして、気づくと7年経過し、しかも症状は悪化し、どの薬も効果がなくなってしまった。

 

僕は、睡眠障害で7年も精神科に通い、2017年2月に2chを見て初めて僕と同じような睡眠障害に悩み、夜が来るのが怖い方がどれ程多いのかを知りました。そして、2chで話されていることは、僕が精神科で受けた診断や病状の悪化が殆どの不眠症患者で一致しているのに驚きました。日本では、特定の病気に対する患者の横のネットワークが殆ど存在しない。だから、不眠症の方々は僕と同じように、治療する気のない頼りない医者からの診断やTVの健康関連番組などのいい加減な情報しか、治療の参考情報がないのだということを2chであらためて知りました。

 

TVや雑誌、書籍で言われているようなことは、一時的な軽度の睡眠障害にしか効果はありません。多くの重度の睡眠障害は、睡眠障害というよりは、不眠症です。

 

僕の場合、会社に病状を相談し、2017年4月に、1か月間休暇をもらったことがあります。そして、1週間睡眠薬を使わずに、自然に眠ることができるかどうか実験したことがありますが、さすがに3日もすれば身体がだるくなり眠れるだろうと期待していたのですが、結局一睡もできませんでした。不眠4日頃から次第に肩から背中が凝り固まり、たまりかねて睡眠薬を取り寝ることにしました。しかし、それでも2~3時間しか眠れませんでした。自然に睡眠をとることができなくなったことがわかった瞬間、これはただ事ではないと思ったと同時に、絶望しました。

 

思えばどの医者も全く治療する意思は感じられませんでした。殆どの場合、問診のみで、なぜか半年すると意味もなく血液検査をして、何か他の生活習慣病を見つけ処方薬を増やそうとする。どの医者にも共通するやり口でした。睡眠障害に悩まされている方々なら経験されていると思いますが、精神科医の睡眠障害の治療プロセス(というか、ほとんどビジネスモデルです)は、おおよそ以下のような感じではないでしょうか?

 

1.長めの問診で、マイスリーやハルシオンを処方

2.マイスリーをルネスタなどに変更 or デパスを追加処方

3.マイスリー(短期間)+プロチゾラム(中期間)+フルラゼパム(長時間)などを処方

4.処方量や同期間の他の薬のローテーション

5.治療法が無くなり、血液検査をして、コレステロール値、中性脂肪、肝機能障害など何かしら高い値を見つけ、睡眠障害に全く関係ない薬を処方しようとする

6.病状が悪化している旨を伝え、大学病院などの紹介を依頼するが、するっと断られる

7.3くらいから治療を繰り返す

8.この医者でダメだと悟り、他の睡眠障害の医者をネットで探し、また3から治療を繰り返す

 

私は、これを6回繰り返しました。

 

僕が住む札幌では、睡眠障害専門の病院がなく、近郊で睡眠障害専門の病院を1つ見つけ、そこにも行きました。その病院は、検査入院もでき、検査の結果を見て薬を処方してくれるとこのことだったので、私は検査入院の予約をしようと思ったのですが、検査後の処方薬を具体的に聞くと、僕が今まで処方された薬の処方を変えながら治療、減薬していくということで、こりゃダメだと思い検査も中止しました。その後、ネット上で口コミを見ると、その病院で検査入院したのに、睡眠障害が治っていないという書き込みが複数見つかり、がっかりしたのを覚えています。

 

2011年5月頃から睡眠障害になり、睡眠薬の強さも量も増えたのに、症状はどんどん悪くなるばかりでした。現在、僕は薬が効かなくなってきたことが怖くなり、睡眠できても、できなくても、デパス2錠+ルネスタ1錠しか飲んでいません。以前は、この3錠を飲んでも全く眠れませんでしたが、5月から、漢方薬、6月下旬からサプリメントを追加し、2~3時間は眠れています。

 

漢方薬やサプリメントの効き目については、別途ご報告しますが、7月からタイのバンコクで睡眠障害専門の治療をしに2週間渡航する予定です。どうして、世界的に見ても医療が進んでいるように見える日本ではなく、タイで治療することに決めたのでしょうか?それは、次回お話し致します。お楽しみに!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)