不眠症治療4日目 7月25日 バンコクホスピタル → Hotel Aspira G

バンコクホスピタルで7時に起床。昨日もまあまあよく眠れて、快調。

食欲もあり、アメリカンブレックファーストをほぼ完食。スクランブルエッグが4個分だと思われ少し多すぎ。

朝の回診で、Dr. Anothaiが「体調はどう?」とにこやかに聞くので、「快調です。僕の今の望みは、とにかく早くここから出たいことです。」と言うと、その後、幾つかの質問を受けるが、急遽退院が決まる。

僕は、過去2日間会った日本人の患者とお別れをしたかったので、午前のアクティビティと午後のアクティビティを終えて5時に退院することに決定。アクティビティ中は、気になったので自傷症の女の子のLineを教えてもらい、もう多分会わないと思うが、お互い励まし合おうねと別れを告げた。彼女も明日、退院できるようで顔が少し明るくなっていた。よかった。

退院時には、診断ドキュメントを作成してもらい、27日にDr.Anothaiに薬剤調整をしてもらうためアポイントを取り、薬を3日分もらう。処方は以下の通り:

Clonazepam 2mg 1 tab ☓ 3

Quetiapine 25mg 2tab ☓ 3

退院後は、タイの友人にSukhumvit33ののAspira Gというホテルを予約してもらい宿泊。

Drへの報告メモは以下の通り:

Day4(入院後) July 25 Aspira G

1) Go to bed 9:30

2)Take medicine

Clonazepam2 *1

 Quetiapine25 *2

3)Feel beat in my back head

4)I fell in sleep about 10pm

5)I got up around 3 am and sleep again

6) I feel good but sleepy during day time

内容は、9時半にベッドに入り、処方の薬を終始直前に飲む。後頭部に動悸を感じるが、30分で入眠。3時頃一度起きるが、またすぐに入眠した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)