8月22日 自宅 睡眠が安定してきた

今日は、朝はいつものようにサラダ、チキン、卵の高タンパクヘルシーメニュー、昼はアジと牡蠣のフライ定食、夜はカレーそばを食べた。食後に食べたセブンの牛乳プリンは、200円もしないのに、高級レストランでデザートにでてくる逸品より美味しかった。今日も食べよう。

帰宅後は、仕事を少しして、洗濯を済ませ、アマゾンプライムのつまらない映画を観て就寝。処方は、以下の通りで、23時就寝。

circadin 2mg

Remeron 15mg

Deanxit

Quantia 25mg

うとうとして、深夜だと思って起きると、まだ0:50分だった。殆ど眠っていないではないか。トイレに行き、急いで再度、入眠する。むずむず脚もあまり感じず、意外とスムーズに入眠成功。その後、5時頃に起き、早いので微睡んでいるうちに7時になり起床。起床時は、強烈な睡魔を感じつつも、副作用の嫌な倦怠感、脱力感はない。起床後もかなり眠いのは、1週間前までとは少し症状が違ってきた。1週間前は、起床時は眠くないのに、疲労感、脱力感、倦怠感があった。そして、それが午後5時近くまで続いたのであるが、眠くはなかった。最近は、副作用と思われる疲労感、倦怠感、脱力感は無いが、起床時や昼過ぎは眠くなる。入眠時間が長く、途中覚醒が2〜3回はあるが、睡眠は5〜6時間とれ安定してきた。あまり、考え込まないのは、もしかすると抗うつ剤が効いているのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)