9月5日(火)自宅 日本vsサウジアラビアで眠れない

今日は、火曜日。最近体の調子が良い。今日は、朝はヘルシーブレックファースト。昼は、北大のキャンパスで中東料理を食べた。夜は、ナポリタンとカフェインレスを星野珈琲で食べた。今日は、夜2:55分からワールドカップ予選「日本代表vsサウジアラビア」がある。8月31日の対オーストラリア戦で圧勝したので、アウェーとはいえ、今日も圧勝だろう。薬を飲んだのが22:30、就寝したのが23時だった。飲んだ薬とその後の睡眠状態は以下の通り。

circadin 2mg

Remeron 15mg

Deanxit

Seroque

—————–

1:30 入眠

4:00 寝入ってしまい4時にサッカーを観るためにおきる

4:45 再度入眠

7:00 起床

なんと、なかなか眠れなかったのに、1時過ぎに寝入ってしまい。キックオフに起きれず、4時頃に目が覚めた。そして、サッカーは0対1で負けてしまった。アラビック特有の異様な雰囲気のスタジアムに、1点先取した時間稼ぎのサウジアラビアのプレーは見ていて腹が立つばかりだ。FIFAもあからさまな時間稼ぎは、レッドカードを持って対処すべきだ。アラビックのゲームがいつでも、同じようだが、後味の悪いゲームだった。やつらには、フェアプレーの精神がないのだろうか?その後、眠れるかなあと床につくと、すぐに寝入ってしまい起きたのは7時過ぎだった。目が覚めると、体がだるく、不眠症が酷いときには、確実に遅刻していたような状態だった。しかし、シャワーを浴びるとすぐに、目が覚めた。起きると気分が良く、気力があった。やはり、体調も精神的も、かなり回復しているようだ。

これで、22日連続眠れている。身体の調子も、胃腸の調子も、すこぶる良い。この調子で不眠症が完治してくれればいいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)