9月6日(水)自宅 ぐっすり眠れて体調が良い

今日は、水曜日。朝は、ディニッシュ2つにコーヒー、昼は和定食、夜は白身の魚焼定食を食べた。最近、体の調子がすこぶるいい。便通、腰痛、肩こりに、ほぼ慢性的に過去3年間悩まされて来たが、嘘のように治ってしまった。おそらく、睡眠が取れている効果だろう。抗うつ剤を飲んでいるせいか、精神的にも安定していて、前向きだ。ただ、気になるのが心拍数である。安定心拍数が80近くあり、就寝時も65〜70とかなり高い。こんなに高くて心臓に負担はないのだろうか?

就寝についてだが、薬を飲んだのが22時、処方は下記に示すようにいつもの通り。

circadin 2mg

Remeron 15mg

Deanxit

Seroque

今朝のサッカーで睡眠が足りなかったせいか、就寝後は23時頃に入眠できた。その後、起きたのは5:00の一度だけで、トイレに行き再び眠り7時に起床した。朝は、体が重たかったが、シャワーを浴びるとスッキリした。食欲もあり、オフィスに行く気力もある。1ヶ月前には、体が鉛のようで、肩が背中が痛く、朝はニュースサイトを見ることもできなかった。こんなに、よくなるとは本当に信じられない。4種類の薬を飲んでいるので、どの薬が効いているのか特定は難しい。但し、QuantiaをSeroquelに変えてから眠りの時間が増えが安定した。Seroquelを飲むと、肉体疲労が溜まった時のような感じがして、溶けるように眠れる。この感覚は、眠剤の眠れる感覚とは全く違う。おそらく、Seroquelが効いているのだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)