やっとブログを書くきになった

うつが軽減され、やっとブログを書くきになった。これはうつの治療記録ではなく、不眠症克復なんですが…..。

一時は生きることが辛いほどうつにやられたが、どうやら通常の不眠症に戻った。こうして振り返ると、あれは向精神薬を急減薬したことによる離脱地獄だったのだ。

1月下旬からのうつ病への経緯は以下のとおり。

<うつの症状経緯>

1月下旬 喉風邪を引き咳がひどかった

2月初旬 風邪が長引き、次第にうつ状態になる

2月中旬 背中の酷いコリを同時に発症に、うつ状態が最悪期になる

2月下旬 最悪期は脱したが酷いうつ状態が続く

3月上旬 軽いうつ状態+背中のコリが最悪期

3月中旬 カイロプラクティックにかよっていたが、先生に相談し鍼治療をしてもらい、背中のコリの最悪期は脱した

3月下旬 背中のコリは軽減、うつはほぼ回復、不眠症は以前と同じ状態

不思議なことだが、うつの最悪期に不安で不眠症が悪化するようなことはなかった。どちらかというと、浅い眠りだがよく眠れた。

<リフレックスと有酸素運動>

うつ病に関しては、精神科に行くと、リフレックスという抗うつ剤を1錠追加され飲むように言われた。現在、不眠症のためにリフレックスを1錠飲んでいるものを2錠にしろということだ。最初の2〜3日は、リフレックスを2錠飲んでいたが、その後1.5錠に減薬した、少しうつに戻ってしまうのではないかと怖かったが実行した。なぜかというと、この薬、副作用が結構あるのだ。

空腹でもないのに、食べてしまう。食べすぎても胃を壊さないのだ。私は、油物が2回続くと胃腸が疲れるタイプだが、この薬を処方されてからは、3〜4回続けても全く胃腸を壊すことはない。

また、リフレックスのせいだと思うのだが、安静脈拍数が65程度だったのが、75〜85とかなり高めになっている。おそらくだが、変に疲れを感じないのや、目覚め後の意識がはっきりしすぎていること(以前は布団の中で眠くてしかたなかった)、就寝時に脈拍数が下がりきっていない(通常50〜60だが、現在は65〜75)ので眠りが浅い、などの副作用らしき症状を感じる。脈拍数については、医師に相談したが、どちらかというと脈拍数を下げる薬だと2度言われた。しかし、ネットで調べると副作用として脈拍数が上がることがあるとちゃんと書いてあるではないか。本当に睡眠専門の医師なんだろうかと悲しくなってきた。

リフレックスは、2月16日に1錠追加処方され飲んだのは、おそらく3日程度、その後は2週間1.5錠に減薬し、3月から1錠、3月15日からは半錠に減らした。脈拍数は少しづつ下がってきたが、うつ症状に変化はなく、どちらかというと軽減されてきている。朝の床の中が辛くなったが、これはどちらかというと正常に戻ったような気もする。

では、うつはどうやって治したかなのだが、おそらく有酸素運動だと思う。僕が、不眠症になったのは7年前からで、最初は耳鳴りと地面に穴が開いたようなめまいを感じて病院に行きメニエール病と診断された直後からだった。ざっくりだが、この経緯をまとめると:

2011年4月頃 耳鳴りと重度なめまいを感じメニエール病と診断 →いろいろ病院に行ったが全く治らなかった。次第にめまいは収まり、耳鳴りだけが残った。耳鳴りは今も続いている。

2011年4月 メニエール病→不眠症

2015年 不眠症悪化

2017年 薬漬けの不眠症最悪期

2018年1月下旬 不眠症 → 風邪 → 背中の酷いコリ → 酷いうつ

こんな感じだ。気づいたのだが、風邪以外の病気は殆ど精神的なことが原因だと思われ、相互に関連しているのではないかということ。すべての発端がメニエール病だということだ。

そこで、メニエール病の本を色々読んで、ある結論に達した。それは、有酸素運動をかなりの時間、毎日やることだ。

高橋 正紘

メニエール病は、薬や手術で耳鳴りを直す方法があるらしいが主流らしいが、殆どよくなる人はいないらしい。確かに私も、薬を処方され3ヶ月程飲んでいたが全くよくならず、耳鳴りは手術を勧められたこともあった。その後、めまいは止まったが、耳鳴りはそのまま7年間続いている。

具体的には、毎日、1〜2時間くらいだ。これは大変だ。2週間程前から毎日やるように心がけているが、体力的にも環境的にも(札幌は夜間は、外がマイナス3〜5度なので)30分やるのが精一杯だ。しかし、有酸素運動をやったあとは、耳鳴りは軽減され、気も晴れる。土日は、いつも20〜30分のワークアウトを1時間に伸ばし、ジムで汗を流したが、かなり爽快で気も晴れた。今までの有酸素運動では、私の耳鳴り(メニエール病)には頻度も時間も全く足りていなかった可能性がある。高橋氏によると、長く続く耳鳴りの場合、1日1〜2時間、少なくとも3ヶ月の有酸素運動が必要だという。

現在、うつはかなりよくなり、残った主な症状は、不眠症と耳鳴りだ。おそらく、この2つは関連していて治療するには、どちらも時間と努力が必要なのだ。7年間続いている病気を1日、2日で治せるわけがない。僕は、薬をなるべく使わず、前向きにこの治療に取り組んで行こうと決心した。

リフレックス 半錠 、ハルラック 1錠

23:00 就寝

23:30 入眠

24:30 中途覚醒

6:00 中途覚醒

8:00 起床

中途覚醒はあったが、よく眠れた。背中のコリもある程度、軽減された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)