朝風呂はかなりきついが効果はありそう

朝風呂2日目。日中の肉体的疲れは以前より大きくなったような気がする。また、昨日も感じたが入浴直後、午前中の体の冷えや直後の眠気は、不眠症になってから感じたことがないものだ。現在、朝の10時だが、この後、体を動かすといつもより体温が上がってくるはずだ。おそらくだが、健常者の体温変化と不眠症患者の体温の違いは、私の経験上、以下のような感じではないだろうか。

<不眠症患者>

朝(中)→昼(低)→夕方(中)→夜(高)→就寝時(高)

<健常者>

朝(低)→昼(中)→夕方(高)→夜(中)→就寝時(低)

 

少なくとも私の体感では、不眠症患者の体温変化、とくに冬季は体温が昼間に低いのに、夜になると高く眠れないというものだった。

上記の不眠症患者の体温を見ていただきたい。朝が中温なのを現在は朝風呂に入って瞬間的に高くしてから、下げている。おそらく、だから朝から昼にかけて眠いのだろう。しかし、朝風呂で温めの風呂に15分以上つかっているので、昼間活動すると体が温まり夕方にかけて体温が上がっているのではないだろうか。これで、夕方から夜にピークになってくれて、11時前後で急低下してくれれば、本当に眠れるようになるかもしれないと思うと嬉しい。

朝風呂+有酸素運動で、一日の体温変化はわからないが、心拍数は変化があった。まず、安静心拍数は確実に下がった。本来であれば、気温が上昇するといくぶん安静心拍数は上がる。しかし、この1ヶ月あまりで、安静心拍数が5程度下がり、現在72程度である。リフレックスを止めれば、おそらく65前後まで下がるはずだ。また、就寝時の最低心拍数も60台後半から60台前半に下がり、最近は58や59にまで下がる日もある。就寝時に心拍数が50台になれば、寝返りを打っても60台にしかならないので、中途覚醒もなくだろうし、かなり深く眠れるようになるだろう。

現在、

リフレックス半錠

マイスリー 1錠

ハルシオン 1/4錠

を飲んているが、明日からリフレックスは飲まないでいいだろう。ハルシオンも減薬してみるつもりだ。

リフレックスを減薬してから食欲が減退したが、朝風呂に入るようになってから食欲が出て、便通が良くなった。リフレックスを減薬する心配は、食欲の減退だったのだが、それが朝風呂で解決したわけだ。朝風呂には意外な効果があるようだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)