ナイアシンのフラッシュと作用

ナイアシンを10月23日夜から使っているので摂取後の身体の変化を簡単にまとめておく。

23日 就寝前 ナイアシン約125mg

3時間程眠れた(いつもと変わらない)

就寝前眠たくなり身体が火照った

24日 朝と終身前に125mgつづ服用

日中、部分的に火照るが、日中気温が高いのに首や膝が寒い(冷えると言った方がいいかも)

就寝後、心臓がドキドキ、ソワソワして、一睡も出来なかった

しかし、それ程、身体は怠くない

25日

朝、ナイアシンを水溶して250mg摂取した

15分くらいで、フラッシュらしき症状が出た

身体全体が熱く、特に顔、手、足、腕の内側、下半身がピリピリして熱い

フラッシュは、15〜30分くらいで引いた

現在、9時43分でまだ身体が熱い

 肩の硬直が少し楽になっている?


ナイアシン摂取3日目の感想です。

ナイアシンを飲んだ後の感覚は、タイで処方された向精神薬4種類を服用した1〜2日目に似た状態にています。向精神薬を服用したのは、昨年の8月が初めてだと思います。その時、うつ状態だったわけでも、落ち込んでいたわけでも、精神的に不安定だったわけでもないのですが、ベンゾジアゼピンは中毒性があるから良くないということで、向精神薬を処方されました。1〜2日目は、副作用はそれ程感じず、なんとなく楽しく、幸せだった。それと同時に、身体が熱く、気怠く、よくあくびをしていた。子供の頃、夏休みにプールから帰ってきて、焼けた身体を冷ましながら、畳の上で泥のように眠る前の幸福感にも似た感覚を感じていました。心臓が少しバクバクもしていました。ナイアシンを飲んだ後は、あの時の感じに少し似ています。まあ、その後は、副作用と離脱症状地獄なのですが😂。

火照り、気怠さ、眠気、心臓のバクバク感、あの時の最初の1〜2日目の感じと少し似ています。しかし、違うのは多幸感が無いことと、結果として眠れていないことです。あと、向精神薬は、フラッシュは無かったですねえ。フラッシュというと、僕の年齢だとハニーフラッシュなんですが、正にあんな感じです。😁 身体がピリピリして、熱くなり、ほんのり赤くなるのです。あと、少し痒かったですねえ。時間にして15〜30分くらいです。じんましんみたいのが出るのかなあと思っていたのですが、ブツブツは全く出ませんでした。

心拍数についてですが、ナイアシンを125mg飲んでいた時は心拍数は上がりませんでしたが、250mg飲んだ直後は心拍数が急上昇していました。通常、座って安静にしている場合、70〜80の心拍数が90〜100に上昇していました。これも向精神薬に似ています。ただ、向精神薬が睡眠中も心拍数を高く維持してしまうのに対し、ナイアシンを飲んでも、睡眠中の心拍数はそれ程上がっていません。

とにかく、ナイアシンは他のサプリメントとは違い、身体に何か作用はしているようです。

ナイアシンについての摂取法を見ると、不眠症対策には、1500mg〜3000mg程度が良く、朝、昼、晩で1:1:2の割合で飲むと良いと書かれています。僕がよくわからないのは、こんなに身体が熱くて、心臓がバクバクするのに、夜にナイアシンを朝、昼の2倍も飲んで、眠れるのかということです?経験者の方がいらっしゃいましたら、コメントして頂けるとありがたいです😊

さて、今日の晩ですが朝250mg飲んでも大したことなかったので、500mgに挑戦してみようと思います!早目に食事とって、Amazonでメンタリストを2本くらい観て早目に寝よっと😊

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)