断薬6日目 絶不眠butリラックス

デパスとハルシオンを断薬して6日目。相変わらず絶不眠で絶不眠連続15日目になってしまった。世界記録が11日らしいから、世界記録は完全に抜いてしまった。あまり名誉なことではないが、睡眠に関する記録なんていうものは大した意味がないと改めてわかった。

昨夜は、一睡もできずトイレに5〜6回起きたわりにはリラックスできて疲れがとれた。なぜだろうか?断薬してから、リラックスできる夜とできない夜が交互に来る。このためかどうかはわからないが、肩の硬直が軽減している。また、便秘はこの2〜3日で解消に向かっている。朝は必ず便通があり、喉のブツブツも引いてきた。下痢もしない。

起き抜けで体温を測ると36.6度だった。脈拍数は74とまだ高い。就寝中の脈拍数も全体的に高いことは高いのだが、最低値が65以下が頻繁にでるようになってきた。朝食も久しぶりに自分で簡単に料理して食べ、美味しく頂いた。

就寝中、やはり身体が火照る。激しく火照り、朝の冷水シャワーが気持ち良い。やはり体温調節がうまくいっていなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)