断薬8日目 便秘はほぼ完全解消

断薬8日目。昨夜も一睡もできなかった。これで絶不眠17日目だ。

肩の硬直も悪化はしていないが、最悪期よりは楽だが相変わらず痛い。しかし、左手に力が入らない感覚が新たに加わった。普通なら悪く受け取ると思うのだが、嫌な感じがない。もしかしたら、こういう痛感がベンゾで麻痺していて、それが戻ってきたのかもしれないと感じている。

便秘は、断薬後1週間で、ほぼ解消した。デパス減薬後も1週間くらいで完全に解消し、10月までは便秘など忘れていたのだが、11月からまた便秘気味になり、11月中旬からまた慢性的便秘と食欲不振になってしまった。しかし、ハルシオン断薬後は翌日から少し便秘が軽減する気配があった。朝に軽く便意を感じるようになり、だんだんと便秘が解消された。

デパス、ハルシオンの経験から回復は、消化器系の不調(便秘、下痢)→筋肉硬直(肩の硬直)→不眠の順番でくるのではないだろうか?デパスの時も、まだデパスもハルシオンも服用し続けていたが、まずは便秘が解消され、肩の硬直が軽減し、睡眠時間が2時間から5時間に増えていった。

デパスの減薬を開始した時期は、8月、9月の札幌で最も良い季節だった。しかし、今は札幌で最も厳しい時期で、昨日は夕方の気温が−11℃だった。こんな時期に減薬して、1週間目で便秘だけでもスピード回復していることを喜ぶべきだろう。

デパスの経験からすると、肩の硬直や不眠に変化が現れるのは大体3〜4週目くらいのようだ。

肩の硬直 → 3〜4週目からかなり軽減する

不眠 → 4週目くらいから不眠が減り、睡眠時間が増える

ハルシオンを断薬したのが1月11日なので、肩の硬直は1月中、睡眠については2月初旬に変化が現れるかもしれないので、その時を楽しみに待つことにしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)