断薬14日目 肩の硬直復活

絶不眠24日目。一睡も眠れず殆ど1ヶ月になってしまった。

昨夜は、就寝しても全くリラックスができず、5分おきに寝返りをうったり、トイレに起きていた。久しぶりに気持ちがイライラして、落ち着かなかった。肩と首の硬直がこの2〜3日少しづつ悪化して、結局断薬前の辛さに戻ってしまった。

身体は、昨日ほどは火照っていない。ナイアシンを1500mgから500mgに減らしたからかもしれない。しかし、脈拍数は76と依然異常に高いままだ。

今日は身体がダルい。さすがに、これではオフィスに定時には出社できない。少し遅れて出社することにして、10時まで横になっていた。体中が強張り、痛くて、動けない。絶不眠になってから、こういうことが1週間に1〜2回ある。しかし、不思議なことに、いつもより1〜2時間長く横になっていると活動できるようになる。ただ、残念ながら肩の硬直や気分の悪さは治らないが。

10年近く自然入眠できていないので、入眠のイメージを忘れている。確か、腹部で感じるドクドクが小さくなり、体全体の力が抜けていき、身体がベッドに吸い込まれて行くような感じがして、その後、目玉が勝手に動いて漆黒に引きずり込まれるような感覚だったような気がする。眠る前に、ピクッと何度か身体が痙攣した感じもする。しかし、そういった感覚は全くない。

また、真っ暗のトンネルの中に入ってしまったような気分だ。普通に疲れを感じ、眠気を感じ、2時間でいいから眠りたい。

絶不眠に耐え、早くも1ヶ月を迎えようとしているが、光が見えない。断薬とは、本当に孤独の戦いだ。

 

断薬14日目 肩の硬直復活” への2件のフィードバック

  1. 辛いですね。私ならgive upしてますね。専門家に相談する事は出来ないんですよね?今後もfollow up致します。お元気で。

    1. きどさん、こんにちは。

      辛いですが、なんとか乗り切りますよ😅
      専門家ですか? 何の専門家ですか? 精神科医とか、睡眠外来だったら13ヶ所まわって、既に信頼も信用もしていません。
      信頼できるのは、同じ症状を克服されたブロガーさんの情報のみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)