断薬21日目 肩の硬直悪化

絶不眠は30日目で約1ヶ月一睡もしていない。よく体が持つものだ。この間、やはり有酸素運動は殆どできていない。体力より、やる気が起きないのだ。

昨夜は、全くリラックスできず、もちろん眠ることもできなかった。肩は強張り、背中も硬直している。硬直の辛さは最悪レベルだ。脈拍数は、ナイアシンを止めて4日目になるが殆どさがらず、依然74もある。これは、向精神薬のセロクエルやリフレックスを服用していたときのレベルだ。リラックスするには、脈拍数が高すぎるのだ。

頭もモヤモヤして気分が悪いし、少しだがふらつく。

断薬後、消化器系は完全に治ったようだ。しかし、肩の硬直は殆ど軽減していない。左肩は固まって上方には、殆ど動かなくなってしまった。肩を動かすと、バキバキと音を立て、筋が切れそうに痛い。夕方になると、動かさなくてもときどきイヤな鈍痛が走る。

絶不眠も1ヶ月続き、身体に疲れが蓄積されてきた。10分でもいいので眠れると助かるのだが…。

GABA、トリプトファン、ナイアシンを止めたから何か変化があったかというと、何もない。サプリメントは、藤川さんが言うように本当に効いているのだろうか?ナイアシンは、脈拍数を上げているはずだが止めても脈拍数は2くらいしか低下していない。

昨夜の脈拍数の変化を見てみると、0時〜7時まであまり脈拍数の上下の波が無い。狭いレンジの中で上下に終始している。リラックスできる時は、0時から段々と脈拍数が下がり、5時くらいに底を打つ。昨夜のような晩は、リラックスできずに脈拍数が下がり切らないのだと思われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)