断薬22日目 変化なし

絶不眠31日目。特に変化はない。肩が相変わらず痛く、耳鳴りが強い。

明け方に少しだけ身体がリラックスできたが、最近、就寝直後から5時くらいまでは、ずっと肩が痛く寝返りを打ち、トイレに2〜3回起きるのを繰り返している。おかげで身体が休まらない。当然、体調もよくないし、気分も晴れない。

脈拍数は、高いままだが72まで下がった。ナイアシンを止めてから75から72まで下がったので、やはりナイアシンは脈拍数を上げているのだろう。ベンゾを抜いて安静脈拍数が65くらいまで下がってくれたら、身体がかなりリラックスできていることになるが、デパスを断薬してからは、71が最低で71〜80くらいのレンジで上下している。脈拍数が下がってくれればいいのだが。

今日で1月が終わる。結局、2日から一睡もできていない。肩の硬直も殆ど良くなっていない。便秘を含む消化器系の不調はほぼ解消。ハルシオンの急な断薬で心配された他の離脱も発症していない。あとは、肩の硬直の軽減と自然な入眠をただただ待つだけだ。

 

断薬22日目 変化なし” への2件のフィードバック

  1. 眠れないのは辛すぎます。

    肩の硬直には、葛根湯等の漢方も有効だと聞きます。

    1. ご助言ありがとうございます。

      漢方薬も含め、もう当分薬は飲まないと思います。
      薬品業界のビジネスモデルを理解してしまった以上、副作用、離脱が怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)