セロクエル (クエチアピン)  不眠症を悪化させる向精神薬

 セロクエルは不眠を悪化させる向精神薬で、しかもおそらく、僕が服用した中で最も重篤な副作用、離脱症状を発症させたとてつもない毒薬である。こんなものをよく処方すると、今になって呆れているが、実はよくいく薬局の薬剤師も「あれは、離脱がでますよねえ。私は飲みません。」と、よく話すようになったら平気で言っていた。この毒薬を今、服用している方は本当に今後の服用について考えた方がいい。特に、不眠症の場合、副作用に「不眠」と明記してあり、説明書に不眠の悪化が親切にも書かれているのだ。こういう薬を不眠症の患者に処方する精神科医の神経が私にはわからない。

それでは、セロクエルと概要を見て行こう。

作用

神経伝達物質のドパミンやセロトニンなどの多種類の受容体に作用することで、幻覚、妄想、感情や意欲の障害などを改善する。主に統合失調症に処方される。

副作用

不眠、傾眠、易刺激性、不安、T4減少、LDH上昇、高血糖、便秘、肝機能障害、体重増加

用法・容量

クエチアピンとして1回25mg、1日2又は3回より投与を開始し、患者の状態に応じて徐々に増量 。1日の投与量は150~600㎎。

その他の副作用

焦燥感、鎮静、幻覚の顕在化、健忘、攻撃的反応、意識レベル低下、昏迷、神経症、妄想の顕在化、リビドー亢進、感情不安定、激越、錯乱、思考異常、自殺企図、人格障害、躁病反応、多幸症、舞踏病様アテトーシス、片頭痛、悪夢、うつ病、独語、衝動行為、自動症、譫妄、敵意、アカシジア、構音障害、流涎過多、運動緩慢、歩行障害、嚥下障害、ジストニア、眼球回転発作、パーキンソン症候群、顆粒球減少、好酸球増加症、貧血、血小板減少、起立性低血圧、低血圧、心悸亢進、心電図異常、高血圧、徐脈、不整脈、失神、ビリルビン血症、去痰困難、鼻炎、食欲減退、食欲亢進、腹痛、消化不良、胃炎、胃不快感、瞳孔反射障害、高プロラクチン血症、高コレステロール血症、T3減少、月経異常、甲状腺疾患、高脂血症、高カリウム血症、肥満症、発疹、排尿障害、排尿困難、尿失禁、尿閉、BUN上昇、無力症、口内乾燥、意欲低下、多汗、体重減少、舌麻痺、しびれ感、背部痛、末梢性浮腫、ほてり、歯痛、関節痛、口渇、頻尿、悪心、嘔吐、腹部膨満、頭痛、統合失調性反応、協調不能、レストレスレッグス症候群、軽躁、注意力障害、過眠症、自殺念慮、自傷行動、錐体外路症状、構語障害、錐体外路障害、白血球数増加、血管拡張、動悸、心電図QT延長、肝機能検査異常、咳増加、鼻閉、下痢、鼓腸放屁、消化管障害、吐血、直腸障害、過食、胃食道逆流性疾患、膵炎、弱視、結膜炎、痛風、低ナトリウム血症、水中毒、多飲症、TSH減少、TSH上昇、高トリグリセリド血症、高尿酸血症、尿糖陽性、FT4減少、乳汁漏出症、過敏症、血管浮腫、そう痒、湿疹、持続勃起、射精異常、インポテンス、膀胱炎、尿蛋白陽性、顔面浮腫、頚部硬直、腫瘤、過量投与、骨盤痛、歯牙障害、関節症、滑液包炎、筋無力症、痙縮、悪化反応、偶発外傷、耳障害、味覚倒錯、ざ瘡、脱毛症、薬剤離脱症候群、回転性眩暈、悪寒、靭帯捻挫

————————————

その他の副作用は、殆ど離脱症状だ。薬品会社は離脱を認めたくないのか、殆ど副作用として離脱が説明されているものがおおい。副作用なら服用を止めれば収まるから何かの意図があって離脱を記述していないのだろう。離脱は、服用を中止して時間が経ってから発症するものも多く、薬品メーカーも完全には把握してないと思う。

不眠を治療するために、これだけの数の副作用と離脱を副産物として発症させてしまったら、その治療自体意味があるのだろうか?なんでこんな危険な薬を処方するのだろうか?しかも私は、運よく寝る前だけに50㎎だけ服用していたのだが、1日の最大処方量が600㎎までとある。こんなに投与されたら、おそらく廃人に近い状態になってしまうだろう。しかも、1日中毒を盛られているようなものだから、減薬も相当苦しむことが予想される。恐ろしいことだ。

セロクエルは、僕が服用した向精神薬の中でもっとも効き目が早く、切れ味が鋭い薬である。飲むと30分くらいで頭がドクドクしてきて、1時間くらい経つと、入眠できる。

入眠できるといっても、ハルシオンなどの入眠剤の入眠感とは全く違う。ハルシオンは、カクッと落ちるように入眠でき、入眠感がハッキリしている。しかし、セロクエルは風邪を引いて熱が出た時のような入眠感で、なんとなく熱くなって、知らない間に入眠し、目が覚める時もボーっとした中で起きる感じた。起床した時も、眠ったのだか瞬間的に意識が飛んでいたのかはっきりしないよな感じだ。なんとも、すっきりしない嫌な睡眠だった。これは、ハルシオンなどがGABA受容体に作用して、眠気を生じさせる一方、セロクエルはセロトニンの分泌を促進して入眠させるから睡眠感が違うのだ。これで、他の向精神薬3種類と組合わせて3~5時間くらいは眠ることができた。

しかし、セロクエルは耐性ができるのも非常に早い。少し効き目が弱くなってきたなと感じたのは2週間後くらいだった。ちょうど、とてつもなく酷い副作用がある程度収まってきた頃だ。その後、1ヶ月で耐性ができ、2〜3ヶ月で入眠が困難になり、最終的には眠れなくなった。医師に相談すると、セロクエルはまだまだ増やせるからと言われて、セロクエルを増薬することになった。精神科医は、25㎎から始まり、200㎎くらいまでは平気で処方するのだ。

入眠効果が薄れ、精神科医に相談するとセロクエル50㎎から増薬することを勧められた。僕は、精神科医の殺意を感じた。このまま、この医師に従っていたら1日何mgのセロクエルを飲まされるのだろう?と怖くなった。そして、数回飲んで副作用がまた酷くなり、自己判断で、他の向精神薬とともに、その後1カ月かけて断薬した。

セロクエルは、服用した次の日から入眠できるようになるが、副作用は、とてつもなかった。こんなに副作用と離脱の酷い薬は今まではじめてだった。

めまい、ふらつき、身体の震え、動悸、息切れ、吐き気、頭の締め付け感、焦燥感、体重増加

これがセロクエルを服用して直後に感じた副作用である。その他にも数えきれない程の不調があったが、とにかく、日中は宇宙服を着てあるいているように動きずらく、まっすぐ歩くことさえできなかった。特に、最初の2週間はかなりひどく、何も考えられず、身体がいつも震えていた。

そして、離脱もとてつもなかった。とにかく、眠剤の離脱の酷さとは比べ物にならなかった。セロクエルの主な離脱症状は以下の通り。

心臓の圧迫感、吐き気、肩、首、背中の硬直、慢性便秘、下痢、アカシジア、目の渇き、離人感、絶望感

特に、肩の硬直、便秘と下痢の繰り返し、アカシジアは約1カ月続き、最終的には本気で自殺を考えるようになった。そう、希死念慮である。

セロクエルの減薬で発症するアカシジアは本当に注意した方がいい。アカシジアが発症すると、起きていても、寝ていても、運動していても落ち着かない。朝も夜中も常に歩き回り、身体が震え、意味もなく恐怖感、孤独感に襲われる。もう死んだ方がましだと考えるようになる。アカシジアが発症した時は喫茶店に入っても10分と座っていられなかった。本当に死のうと真剣に考えた。

私は、当時不眠から体力も精神力も弱くなり希死念慮に取り憑かれているのだと勘違いしていた。しかし、アカシジアも希死念慮もセロクエルとリフレックスの薬の離脱症状だったのだ。恐ろしいことだ。

このことについて医者に離脱で大変だったと話したことがある。そうしたら、医者は「セロクエルを服用し続けた方が良かったんじゃないですか?」と答えた。この医者は、患者を本当に薬漬けにしようとしている。僕は呆然とした。そして、自分でどうにかするしかないのかと腹をくくった。

彼等の治療というのは、

不眠症を解消することではなく、薬漬けにして少しでも眠らせ、体調を悪い状態にしておくこと」

なのだ。

セロクエルが怖いのは副作用や離脱だけではない。セロクエルは、最終的に身体が本来持つセロトニン分泌機能をぶっ壊す。これはベンゾがGABA受容体をぶっ壊し、不眠を悪化するのと同様で、セロトニン分泌機能をぶっ壊し、不眠を更に悪化させるのだ。

つまり、精神科医のやっていることはこうだ。

眠剤で睡眠恒常性維持システムをぶっ壊し、それが終わると、今度は向精神薬を処方して概日性リズム機構をぶっ壊す。人間の眠りは、この2つのしくみで形成されているので、この2つをぶっ壊されたら眠れるわけがないのだ。

不眠を治すために100以上ある訳のわからない肉体的、精神的疾患を発症させるのでは意味がない。

私は、現在40日間一睡も出来てない。だから絶不眠の苦しさは嫌という程わかる。

しかし、セロクエルを飲んで毎日5時間眠れるのと、飲まないで今のように絶不眠を一生続けるのと究極の選択をしなければならないとしたら、何の迷いもなく絶不眠を選ぶ。

そもそもセロクエルは統合失調症に処方される向精神薬だ。しかし、統合失調症とは何か?総合商社か?

あなたは、総合商社が何をやっているか知っているだろうか?おそらく、業務が多岐且つ複雑で、商社マンでも説明できないだろう。

総合とか、統合とかは、実態がないもので説明がつきにくい時につける形容熟語だ。つまり、医師が適当にヒアリングして、主観的に統合する能力が低下しているんで、統合失調症だと診断しているとしか思えない。

ちなみに、統合失調症の統合の意味は、次のようになる。

「感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力、すなわち統合する能力が長期間にわたって低下し、その経過中にある種の幻覚、妄想、ひどくまとまりのない行動が見られる病態である。 」

これはどうやって客観的に判断できるのだろうか?こんな曖昧な定義で統合失調症にされてしまうのなら、僕は人生のほとんどの時期が統合失調症だった。しかし、何の問題もなく生きていたので、治療の必要はないだろう。

僕が統合失調症の病について否定しているわけではない。生まれつきそういう病を抱えてきた人もいるだろう。しかし、それを診断するにあたって、合理的且つ客観的な手段が本当に使われているのかということと、その治療にこれほど副作用と離脱が多く、最終的にはセロトニン分泌機能をぶっ壊す薬剤を使っていていいのだろうかということだ。私は、今の精神科医療は間違っていると思う。

ちなみに、血液検査や他の検査をしてもらって客観的且つ合理的だと思っている人がいるかもしれない。私も中央区の西にある睡眠外来専門のクリニックで活動計や血液検査をされ、騙されかかったが、必要のない検査を無理やりしたり、使っている機器の精度が悪かったり、血液検査をしても結局治療方針に生かさないのが精神科がどうしょもないところだ。

そもそも、今よく考えてみると血液検査でコチゾールやプロラクチンなどを検査しても、身体がすでにベンゾ漬けになっていては正しい値など取れるわけがないのだ。しかも、2度検査して治療方針が全く変わらなったのはなぜなんだろうか?ちなみに私が検査を受けたのは札幌のスリープクリニックで、1度の検査は1万円程した。

セロクエルの副作用と離脱は辛いのだ。不眠症でこんな薬は絶対服用するべきではない。

セロクエル (クエチアピン)  不眠症を悪化させる向精神薬” への10件のフィードバック

  1. はじめまして、ベンゾ抗不安薬睡眠薬減薬中の者です。
    ベンゾMaxになり減薬開始のため転院、前医師は減薬については無知そうだったので。。
    転院先の医師に減薬前に提案があったのがセロクエルでした。睡眠薬も2剤から1剤の1/5に
    減薬していますが、そこでも転換にセロクエル提案、今の抗不安薬はきいていないと思うと言れ
    不安障害の症状があるから、第一選択セロクエル、、もうどこまでセロクエル好きな医師
    なんだと不信ばかりです。しかし、断薬後の経過見させてもらっていますが、こんなことなら
    睡眠薬に手出すなですね、自分にも起こりうるでしょうから危機感があります。貴重な経験談
    ありがとうございました。

    1. 医者は何か病名を付けないと処方できないから適当に病名付けて、薬を処方するのです。

      セロクエルは私の服用した中でも最もたちが悪い向精神薬で、服用すると全く精神疾患などないのに、どんどん不安や恐怖感が増していきます。そして、断薬するとそれらが倍返しで襲ってくる感じです。

      絶対服用しない方がいいと思います。

  2. クエチアピンは本当に恐ろしい薬でした。私もベンゾが効かなくて不眠のため12,5ミリクエチアピン処方されました。初めて飲んだときはいきなり意識を失うように眠り、次の日はなかなか起きられず一日中眠くてたまらず、ろれつが回らずヨダレがたれてしまいました。医者は「少量のクエチアピンでそんなに効くなんてあなたは幸せな人ですね」と言い全く深刻に受け止めてくれませんでした。
    5回くらい飲んだ後、もう眠れなくなり、動悸、発熱、口渇、下痢、不安感がひどくなり自分で服用は中止しました。私も札幌のクリニックに通院してます。このまま医者の処方通りに服薬していたら本当の統合失調症にされてしまうところでした。
    shin様、セロクエルについて記事を書いてくださりありがとうございました。改めて毒薬だとわかりました。本当にセロクエル飲むくらいなら何も飲まずに不眠のままの方が良いですね。
    私はベンゾ効かなくなっているのでこれからベンゾ減薬です。
    ここのところ記録的寒さで毎日しんどいところですね。御身体大切に過ごされてください。
    有益な情報アップしてくださりありがとうございましたm(_ _)m

    1. Shihoさん、こんにちは。

      札幌で同じ不眠症で悩んでいる方と繋がれてとても嬉しいです。

      精神科の言う通りしていたら本当に廃人にされてしまあます。僕は札幌で12カ所、タイで2カ所の合計14カ所の精神科や心療内科にかかりましたが、全ての医師はクズでした。料金はバカ高いですがタイの医師は、まだ対応が早く、柔軟で何でも説明してくれ、しかも診察を書面で残してくるますからましです。日本の精神科、特に札幌は本当にクズだと断言します。

      Shihoさんも断薬するなら、常用薬を出してもらう以外のことを医師に望まない方が良いと思います。

      セロクエルの記事を上げたら、3人の方からコメントいただきました。皆さん、やはりセロクエルで苦しんだんですねえ。こういう情報をもっと出して、被害者を減らさないといけませんねえ。セロクエルの記事はリライトしてもっと詳しい記事を載せたいと思います。

  3. はじめまして。昨年5月に気管支喘息になりうつ病を発症させたものです。
    7月に実父が亡くなり不眠が悪化し、通院先の診療内科から最初にリフレックス、ベルソムラの処方を受けましたが早朝覚醒の不眠が解消せず、10月下旬からクエチアピン、アルプラゾラム、パキシル等のSSRIを処方され服用してきました。
    しかし、今年に入り再び早朝覚醒がはじまり、眠剤のクエチアピンの効果がなくなってきたことから、薬に頼るのはやめようと決意し、2週間前から抗うつ薬を断薬しました。
    離脱症状の目眩、口内炎、便秘等の症状を乗り越えつつありますが、不眠、頻脈だけは残ったまま、昨年体験した不眠地獄を再び体験するのかと怯え、何とかならないかと思い、ようやくこちらのブログにたどり着きました。
    不眠、絶不調の中、shinさんの精神力には脱帽します。
    昨夜クエチアピン25mg×2、アルプラゾラム1/2、2時間くらいうとうとしただけでした。
    今夜からクエチアピン等も断薬し、どこまで耐えれるのか分かりませんが、遠き札幌の地で頑張られるshinさんがいることを励みに頑張ってみたいと思います。
    追伸 セロトニンの90%は大腸で作られるらしく、実践されておられる断食は腸の活動を活発させるには良い方法で正解と思います。
    私も先週から朝食抜きの半断食を実践し、空腹でグーグーお腹が鳴り、1日2~3回は便通があるようになりました。

    1. Kaiさん、はじめまして。

      減薬されているということで、絶不眠に怯え、なかなか減薬、断薬を進められない気持ち非常によくわかります。
      僕もなかなか踏み切れませんでした。しかし、これだけ全く眠れず、眠くもならない日を経験しますと、本当にこの
      先眠れる日がくるか少し心配になります。しかし、以前のように不調のデパートからは解放され、残っているのは
      肩の激痛のみです。それだけでも、断薬を実行した甲斐はあったと思っています。

      断食は、48時間で肩が痛すぎて耐えられなくなり強制終了しました。最初の24時間で既に脈拍数が落ち、寒気を
      感じるようになったので、断食は半日~1日でいいのかもしれません。今度実行するときは、金曜の夜から土曜の
      昼までやれば、ほぼ24時間断食したことになるので、そうしようかなあと思っています。

      僕の場合、多分便秘を含む消化器障害は断薬後に完治したと思います。だから、断食で期待するのは、身体の火照り解消と
      脈拍数の低下です。

      それでは、お互いに減薬・断薬を頑張りましょう!

      1. 励ましのお言葉りがとうございます。感謝します。
        私の不眠は、喘息治療で処方されたステロイド吸入薬も影響した可能性が否定できません。
        昨年暮れに病院で受けた気管支の炎症を測る呼吸NO検査で、未治療の数値から疑いありの数値まで落ちたので、抗うつ薬とともにステロイド吸入薬も断薬しました。

        肩の痛みで断食中断、週1回で良いと思います。
        絶不眠2ヶ月ですか…恐ろしいです。というか私はそこまでもせる自信がありません。
        ただ、服用期間が短いことだけがせめてもの救い…ですが、自殺したい思いをどう抑えるか。またの機会に教えてください。

        1. Kaiさん

          ステロイド吸入でも不眠になるのですねえ?それはどういう作用機序だかわかりますか?

          自殺願望は、僕も昨年の今頃はMAXでしたが、あれは薬の離脱だったとはっきりわかります。
          ベンゾは肉体的な不調だけではなく、精神的にもダメージを与えます。特に一睡もできない夜など
          続いたらやられますよね。しかし、減薬が進み精神的にしっかりしてくれば、自殺したいという願望は
          なくなりますよ。確かに何もやる気がしないというようなことは多々ありますが、死にたいとは思いません。
          ベンゾは本当に悪魔の薬ですね。

          諦めずに、どうか治療を続けてください。

  4. 重ね重ねアドバイスありがとうございます。
    喘息のステロイド吸入薬ですが、喘息の発作を抑えるβ2刺激剤という成分が含まれ、それが自律神経(交換神経)を刺激し、人によっては不眠が発症します。
    昨年の5月に喘息を発症させた際は、気管支の炎症数値が尋常でなく(間違いなく喘息という下限数値の約4倍)、呼吸器内科で出されたβ2刺激剤を含んだステロイド吸入薬を吸ったのですが、不眠がひどくなり、暫くしてβ2刺激剤を含まない吸入薬に交換してもらい、つい2週間前まで吸っていました。
    昔は喘息の発作で死亡する人が多かったらしいのですが、このβ刺激剤を含むステロイド吸入薬が導入されてから、死亡率がぐんと下がったそうです。
    しかし、人体の脾臓から出されるステロイドと違い、微量とはいえ、外部から取り入れるステロイドは毒に間違いありません。長々と申し訳ございません。

      自殺は減薬が進んで精神的にしっかりしてくれば自殺願望はなくなる。

     アドバイスありがとうございます。本当に助かります。
     明日、主治医の診察日です。
     総合病院精神科の主治医は、生前の実父がうつ病に薬剤性パーキンソン病で当時家族としても大変お世話になったDrなので、正直に減薬ベンゾ系クエチアピン、アルプラゾラムの減薬、副作用のない薬へ交換可能か否か良く相談してきます。

     断食の感想拝見しました。断食で脈が下がるのですね。
     私も脈が80~100を行ったり来たりで落ち着きませんが、半喘息+不眠の時の胸の苦しみ痛みはないのでいいかと思います。
     ただ、shinさん同様肩(左肩)の痛みが酷いです。
     似通った症状で、いいのか悪いのか…ある意味ホッとしています。

    1. ねこまるさん、おはようございます。

      札幌在住ということで、親近感が湧きます(^o^)

      ベンゾを常用した場合、GABA受容体の損傷が原因で不眠になっているので、薬剤で治療するのはまず無理ですよね。
      あと、サプリメントですが僕も一通りは飲んでいますが、ねこまるさんと同様に効果があったとは言い難いと思います。

      GABA受容体損傷の不眠の場合、生活態度やカフェインを止めても意味がなく、いくら運動をしても疲れも、眠気もしません。
      そういう感覚を感じる脳の機能が損傷してしまっているので仕方がないのですよね。それはわかっているのですが、これだけ
      長い間眠れず、しかも普通に生活を送っていられるとこのままこういう生活が一生続くのではないかと心配になってきます。

      しかし、このブログを見て僕が良くなることを希望にしている方が何人もいることがわかり、僕自身も力を貰っていますし、皆さん
      のご期待に添えるように重度不眠症克服法を開発したいと思います。まあ、そんな方法はなく、断薬して時間がすぎれば治癒
      するのかもしれませんが..(^o^) もし、そうならそうと正直に皆さんにお伝えしますのでご期待を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)