断薬31日目

相変わらず一睡もできず、肩の硬直も変わらず痛い。昨日は、最高気温が-11度、今日は-8度らしいから、仕方がないか。

しかし、症状に全く進展がない。ベンゾは既に身体には殆ど残っていないはずで、副作用は何もない。しかし、不眠と肩の硬直は断薬前と殆ど何も変わっていない。

毎晩、ベッドに入ってもどうせ入眠できないので、その行為自体が面倒になる。朝、起床する時も肩が一晩中痛く、起きる時も何も変わらないと起き上がるのをもう40回繰り返しているわけだ。

断薬からの離脱の回復はこんなに遅いのか。眠剤の断薬が一番難しいと言われるが本当にそうだと思う。減薬すると主訴の不眠がどんどん悪化していくので、減薬が不眠の有効な手段だと思えなくなってくる。断薬後は永遠に続くような気がする絶不眠と肩の硬直の悪化に直面する。

僕はもう10年以上眠剤なしで入眠できた事が一度としてない。そんな状態でベンゾを断薬して、本当に自然入眠できるようになるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)