断薬51日目

絶不眠60日目、とうとう3ヶ月目に入った。人というのは、一睡もしないでこんなに長く生きていられるのだ。相変わらず肩が痛い。特に左肩は24時間痛い。

2〜3日前から気づいたのだが、右肩を下にして横になると動悸が脈拍数の倍程の速さでドクドクとなるのを感じる。頭の後ろの方でなっている。なぜだろうか?なぜ、脈拍数の2倍の速さなのだろうか?

昨夜は、試しに左を横にしてみた。左肩は激痛が走るために、もう6ヶ月近く左肩を下にすることはないのだが、動悸を確かめたくて左肩を下にしてみた。そうするとどうだろう。動悸はなんと、脈拍数と同じくらいの速さだった。これはどういうことなのだろうか?全く意味不明である。

まず、なぜこの時期になって動悸を感じるようになったのだろうか?そして、なぜ右と左で動悸が違うのか?さっぱりわからない。ちなみに、仰向けに寝ている時は何も感じない。

札幌は、3月なのに既に春の雰囲気だ。最高気温は毎日3〜7度くらいあり、いつもより1ヶ月くらい早く春が来た感じだ。気温の上昇とともに肩の硬直は軽減する予定だったが、全く良くならないし、不眠も全く回復しない。そううまくはいかないのだ。

断薬51日目” への4件のフィードバック

  1. 減薬が進むにつれて、じわじわと不眠が悪化している現在、shin様のブログは私の心の拠り所です。

    減薬開始にあたり、「不眠」は想定内でしたが、布団の中で悶々と過ごす時間はやはり辛いです。

    60日間も絶不眠が続いている現在でも、仕事も続けているし、しっかりとした文章も書いているshin様!!

    少し眠れなくなった位でため息ついている自分が恥ずかしい…

    「眠れないことが続いても命に関わることは起きない!」
    という言葉も心強いです。

    減薬を進めるにつれて、益々、不眠は酷くなっていくと思いますが、心が折れそうになったらshin*様のブログを読み返して私も頑張ります。

    1. 桃太郎さん、こんばんは。

      絶不眠は、慣れればどうってことないですよ。気が晴れないだけです。体調は戻りますよう。

      ただ、肩の激痛は耐え難い。本当にこれさえ解消すれば、不眠はどうにかなると思います。肩の硬直だけは、どうしても慣れることができません。

      まあ、これも時間とともに緩和されるのでしょうが、いまのところ残念ながら悪化しています。辛いです。😂

  2. 私も肩の痛みは、減薬と共に酷くなってきてますが、まだ耐えられる範囲内です。

    ただ、減薬が進むにつれて酷くなっていくと思うので、心して対応しようと思ってます。

    ベンゾ、不眠症と戦っているShin様のブログは、多くの読者の心の支えになっていると思います。

    また警鐘を発してくれてることで救われた人もいると思います。
     
    これからもブログの更新、お願いします。

    1. 桃太郎さん、おはようございます🌞

      ブログは、なるべく毎日更新していきます。

      肩の硬直は、本当にどうにもなりませんね。
      リハビリを理学療法師にやってもらいたいのですが、またその前にバカ医者に誤診されて訳の分からない治療されたら洒落にならないので、我慢しています。もう、よほどのことがない限り病院にはいきません。風邪でも病院に行くのはやめました。😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)