断薬52日目

絶不眠61日目だ。全く眠れないが、肩はロキソニンのせいか収まった。痛さをレベル10で表すと8くらいか。

この2〜3日、右を下にして寝ると耳の中で脈拍数の倍程度の速度で動悸がする。何故か左向きでは聞こえないのだ。もしそういう症状を経験したことがある、情報を持っている読者の方がいたら、コメント欄で情報共有して頂きたい。

さて、動悸だがどうも脳の中の音のような気がする。脈拍数のようにリラックスしても鼓動の速度は遅くならない。この速さで鼓動を繰り返していたら、入眠できないのもなんとなく理解できる。この鼓動が遅くなってきたら入眠できるのかもしれない。GABA受容体に何か関係しているのかもしれない。しかし、なぜ今まで全く聞こえなかったのだろうか?

ベンゾ依存になってから様々な刺激に鈍くなった。入眠前の胃部の違和感、頭のどくどく感などは、ベンゾ依存後は感じなくなった。しかし、最近、胃部の違和感、頭の後ろのどくどくは感じるようになった。右横向きに寝たときに耳の中で聞こえる動悸も、おそらく、ベンゾが切れたことにより身体が様々な信号に気づきだしたのかもしれない。

こんな拙いブログを心の支えに不眠症やうつ病の断薬治療を頑張っている読者が少なからずいる。2年前は1日5人くらいしか来訪がなかったこのブログも、最近は1日平均150人くらいの方が読んでくれて、声を掛けてくれる。

自分が完治し、それを広めていくことこそ、僕ができる最大の社会貢献だと最近感じている。不眠症治癒の最大の壁は、

正しい情報へのアクセス

ヤブ医者の断薬否定

減薬断薬治療過程の曖昧さ

孤立

特に、治療過程で孤独になり、他の病のように医師に相談できない。これが不眠症を長期化し悪化させる最大の原因だと、ブログを運営していてわかった。僕は不眠症患者を孤立させないための策も講じていくつもりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)