断薬62日目 絶不眠だけど眠い

絶不眠が64日でとうとう途切れたと思ったが、また再開して連続4日目だ。諸先輩の不眠症より、やはり僕の不眠症は頑固そうだ。睡眠薬の服用期間が長いし、眠剤無しで眠れていない期間も長いから、やはり自然に入眠できるまでは相当時間がかかりそうだ。

ただ、朝方眠く、とても怠く、心地よい。これは良いことだと思う。丁度、眠れた朝に感じる気怠さと似ている。また、2月中旬から起きていた左下を下にして就寝すると感じる動悸が無くなった。あれは何だったのだろうか?絶不眠が途切れる日の直前が動悸は一番酷かった。まだ、身体は熱く、就寝中に肌寒さまでは感じないが、短パンと半袖で、身体は火照らなくなった。しかし、本来ならこんな格好で、掛け布団もろくにかけていなかったら寒くて眠れないはずだから、おそらくまだ就寝時にしては、身体温度は高いのだろう。

今週から5度くらいあるが、曇天が続き、肌寒く嫌な天気だ。早くパタヤに行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)