断薬105日目 肩がちぎれそう

なんでこんなに肩が痛いのか?ちぎれそうだ。辛さレベルが10/10に戻ってしまった。痛いなんていうレベルではない。辛くて、吐きそうだ。

昨夜は4時くらいまでは眠れず、5時半くらいから11じまでは、ベッドで肩の激痛と格闘していた。結句、午前中は会社を休んだ。痛くて、動けないのだ。肩凝りくらいでと思うかもしれないが、肩凝りとは痛さの質もレベルも全く違う。

昨夜は、やはり30分くらい意識がシャットオフできたかもしれない。しかし、正直にいうと眠れたという感覚は全くない。しかし、ダルいし、眠い感覚はあるので、睡眠については少しづつ良くなってる感じがする。

それなのに、なぜか肩は全く治らず、反対に悪化している。この痛みは耐えられるものではない。肩のコリや五十肩などは、何かの手当をすると根本的には治癒しなくても、痛みや辛さが緩和される。しかし、ベンゾの離脱による肩の硬直は、何をやっても緩和せず、大概は悪化してしまう。しかも、痛さの強弱がなく、24時間痛い。24時間、筋が緊張し、張りっぱなしの状態なのだ。

昨日もぎりぎりで安静脈拍数は70を超えなかったようだ。しかも、最低脈拍数は就寝した1時間後の2時30分に56で底を打っている。50台にまで落ちるようになったのだ。しかし、肩は相変わらず痛い。この2〜3日の辛さは、最悪期と変わらない。

肩の痛みで、憂鬱になる。辛い。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)