断薬106日目 肩が治らない

昨夜は、絶不眠だった。最近あまりリラックスできない。5時には既に、眠るのを諦めたが、4〜5時くらいまではよく記憶がない。最近こういうことがよくあり、以前のように絶対眠っていなかったかと言われると、もしかすると5分くらいは意識が飛んでいることもあったかもしれないようになってきた。

ただ、肩は痛い。辛度レベルは10/10で、最悪時と変わらない。

脈拍数は69でギリギリで70を下回っている。昨夜は、最近毎日ナイアシンを飲み、肩にホカロンを貼っているが、それでも脈拍数が上がらないのは以前よりリラックスできるようになったのだと思う。ナイアシンやホカロンは脈拍数を簡単に5〜10あげるので、実際はもっと脈拍が低いのかもしれない。最低脈拍数も2時頃に57まで下がっている。

また、あくびが頻繁にでるようになってきたのも少し変化がでてきた証拠だろう。この2〜3日、午前中によくあくびが出る。また、就寝前もあくびができることがある。以前は、1ヶ月一睡もしなくてもあくびが全く出なかったので、これも前進だ。

それでは、なぜ肩の硬直は酷くなっているのだろうか?これは、いくら考えてもわからない。症状には何か原因があるはずだ。そして、よく考え、調べれば、だいたいの推測はつくものだ。しかし、肩の硬直だけはよくわからない。

話は変わるが、コメントを頂いた岡部さんという方はおそらく、僕と同じくらいのレベルの酷い不眠症で、精神的にはもっとも辛い、治療法がわからず出口の見えない時期だと思う。不眠症と戦っている人は、遠慮せずどんどんコメント欄に書き込みして欲しい。治療に何かヒントが得られるかもしれないし、勇気づけられるかもしれない。とにかく、仲間とコミュニケーションを取って、不眠症と戦って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)