断薬119日目 安定の絶不眠と肩の激痛

今日でGWが明けた。10日間、結局、不眠症や離脱の辛さは全く変わらず。日誌を見ると、アロチノールを服用した数日以外は結局3月から何も変わっていなかった。不眠と朝の気分を5段階方式で評価しているのだが、3月からずっと1−1だ。実はこの状態は1月1日からずっと変わっていない。

昨夜も肩の激痛と絶不眠は変わらない。脈拍数は69だが、3時以降はずっと70〜80で全くリラックスもできていない。肩の激痛は悪化している。本当に辛い。

日誌を見て気づいたのだが、アロチノールを数日服用すると脈拍数が低い状態を保てる。そして、この時期はリラックスできている。アロチノールも離脱があるので油断はできないが、頓服として服用し、脈拍数を下げるには効果があるかもしれない。

断薬して5ヶ月目だ。断薬の効果は不眠にも、離脱にも全く見えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)