断薬154日目 肩が痛い

昨夜は絶不眠でそのまま朝。肩が痛くて、朝は起き上がれず、2日続けて午前中はダウン。どうも調子が悪い。睡眠も肩の硬直も停滞気味だ。

ただ、脈拍数は上がっていないし、食欲も落ちていない。消化器系も問題ない。ただただ、眠れず肩が痛いだけだ。治癒は時間の問題だろうから気にしないで行こう。

肩の痛みの質は確実に以前とは違う。こんなに長い間続いたら、ベンゾの離脱のことを知らなかったら別の病だと思って当然だ。こんな症状を治癒の課程だと捉えられるようになったのもネットの情報のおかげだ。

不眠症に長い間悩んできた方で、胃腸障害、筋肉の硬直などが酷いの方は、知ってほしい。胃腸障害や筋肉の硬直は、医者が説明するような加齢や睡眠不足が原因ではない。睡眠薬を飲んで眠れた次の日に、筋肉の硬直が軽減されたのは、胃腸障害や筋肉の硬直を悪化させる序曲なのだ。2週間もすれば、また筋肉の硬直が戻り、いずれは更に悪化する。しかし、医者はまた同じ説明を繰り返し、薬を増量するか、変えるだけだ。その真の原因は、睡眠薬自体なのだ。そして、その治療法は断薬しかない。そのことを1日も早く知ってほしい。しかし、同時に断薬の治療期間は、常用時より辛いかもしれないことも知っておくべきだ。回復するまでの道のりは気が遠くなるほど長い。サプリメントを使っても、栄養療法を取り入れても、スピリチュアルをやっても、サウナに行っても、マッサージに行っても、気休めにはなるが治療にはならない。断薬と時間だけが、不眠症の治療の特効薬なのだ。そこにショートカットなどないことを知ってほしい。

札幌は毎日天気がよく、1年で一番気候の良い季節だ。今日は、帰宅したらキッチンの不要物をリサイクルショップに査定してもらう用意をしよう。

断薬154日目 肩が痛い” への2件のフィードバック

  1. shinさんこんにちは
    毎週水泳に通う中で64歳の男性と会話することがよくあります。
    この方も不眠症だそうで、ハルシオンとソラナックスを長年服用していたんだとかで
    現在は半錠を2日置きに服用して肝臓への負担を避けているとのことです。
    しかし、この方は飲まないと一睡もできないそうで数日経てば結局また内服量を元に戻してしまうみたいです。飲まないと不安になる。。。依存を本人が認めていましたね。
    あと、僕は商社を辞めてから不動産会社に勤務しています。
    食欲があるというのは非常に良いことですよね。僕はありません。
    とにかく眠りたい、それが第一なんです。
    暑い日もあttみたいですね。札幌、僕も大好きな場所です。

    1. 岡部さん、こんにちは(^^)

      食欲が戻ったのはこの1〜2ヶ月です。
      やはり、ベンゾの離脱症状で消化器系の調子がもう数年来ずっと悪かったですから、それは多分解消できたのだと思います。

      食欲と睡眠は関係ありそうですが、既に慢性化している場合は殆ど関係ないですよ。
      そう言われても、多分イメージできないかと思いますが、減薬の課程でわかってきます。

      不眠も、体調もベンゾを抜いてかなり時間が経過しないと回復しないと思っています。

      岡部さんは不動産にお勤めなんですね。商社よりはいくらかいいかもしれませんが、それは大変でそうですねえ。
      お体にご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)