断薬をいつやるか?

先日、読者さんから「なかなか断薬ができない」とコメントを頂いた。私は、最近それは仕方がないことだと思っている。最初に言っておくが、このブログで伝えたいのは「不眠症でどん底まで落ちても断薬という最後の治療法が残されている」ということだ。減薬・断薬は、不眠症や離脱が悪化して、睡眠薬ではどうにもならなくなってからでも遅くない。

断薬はなるべく早期に実行した方が回復は早いし楽だ。しかし、人はそれぞれ生活があり、環境的に断薬ができないこともある。断薬はいつでもできる。だから、不眠が悪化し、体調や精神が壊れ、八方塞がりになったら実行すればいいのだ。それでも全く遅いことはないし、問題もないのだ。

最悪なのは、不眠が悪化してほとんど眠れなくなり、睡眠薬の組み合わせも、ODもできなくなって追いつめられた時に、絶不眠の恐怖に震えながら、しかも治療の方法がわからず、絶望することだ。私は、絶不眠に苦しみながら絶望する期間が2年近くあった。あの時期は、本当に精神的に辛かった。

あの時、不眠治療に断薬という選択肢があることを知っていれば、どんなに精神的に楽だったろうか?わざわざタイに向精神薬を処方されに渡航することもなかっただろうし、その後、向精神薬の離脱で希死念慮に追い込まれることもなかったのだ。

人間は、弱い。日常生活を送りながら、睡眠薬を減薬すれば眠れなくなるのに、断薬することは言うほど簡単ではない。私も、常用期に完全断薬を4〜5回挑戦した。最初は、2〜3日でギブアップし、最終的には1週間絶不眠で一睡もできなかったが、体調が悪くなって止めてしまった。減薬は、もう数え切れないほど試しているが、錠剤を1/4づつくらい減薬していくと、すぐに眠れなくなる分量になる。絶不眠を何日か続けると、フラフラになり、もうアウトだった。

睡眠薬の恐ろしさと、最後の治療法として断薬を勧めている私でさえ、常用時は減薬、断薬を試しても途中で何度も断念している。睡眠薬を止めて、絶不眠を受け入れる(不眠悪化)ことは、並大抵の精神力ではできない。いや、99%無理ではないかと最近感じている。

ただでさえ眠れないのに、睡眠薬を止めて、ますます眠れない状態にして治療する。文章を書いていても、意味がわからない(^o^)。しかし、表面的に減薬治療とはそういうことだ。これを常用時で少しでも眠れている時に受け入れる事自体不可能なのだ。

減薬は、不眠症の悪化や離脱の悪化で、体調的にどうにもならなくなってしまってからでも遅くない。重要なのは、その時に絶望せず、「断薬という最後の治療法」が残っていると希望を捨てないことである。それから実行すればいいのだ。

断薬をいつやるか?” への9件のフィードバック

  1. Shin様のブログは素晴らしいとしか言いようがないです!私も頑張ってみようと思いました!

    1. きどさん、こんばんは。

      無理せず、自分のペースで減薬してください。
      減薬はいつでもできますから。(^^)

  2. 興味深く読ませて頂きました。
    自分は正に減薬 断薬に悩んでいます。色々検索すると幾つか断薬までには服用期間と同じ位必要と。
    そうなると自分は10年以上必要となり絶望的になります。もし このようなコメントを拝見していましたら御意見伺えたらと思います。

    1. Kenさん、こんばんは^_^。

      僕も10年くらいですよ。
      ただ、10年かかっても僕の場合は、常用期末期に既に絶不眠になっていたので、それ以上悪くならなかったので、始めたわけです。結果は全く一睡もできなくなるきが5カ月ありましたが、後悔はしていません。なぜなら、体調は良くなったからです。

      また、朗報です。脳の細胞が完全に再生するまで9カ月だそうです。だから、個体差はあるにせよ、ある程度は9〜12カ月で回復するのです。

      僕の場合、断薬後6カ月でまだ殆ど絶不眠ですが、10年間で前の月より今月の方が睡眠、体調ともに前進していると感じたのは初めてです。

      諦めずに頑張っていきましょう!

  3. お返事ありがとうございました。
    長期の絶不眠とは思えないコメントで脱帽です。脳の回復とは9ヶ月程したら体調回復や睡眠が戻ると言う事なのでしょうか?
    自分はハルシオンと抗不安薬ソラナックス一錠長期服用しています。
    やはり両薬を断薬してからの回復になるのでしょうか?
    絶不眠の恐怖もありますがハルシオンからの減薬を始めた所です。
    こんな思いするなら服用なんかと悔やまれる毎日です。

    1. Kenさん、こんにちは。

      脳の回復が9カ月ではなく脳の細胞が完全に再生しるのが9カ月です。体調や睡眠の回復は、薬の強さや常用期間にも関係するので一概には言えませんが、私がいいたいのは、離脱が脳の誤作動が原因なので、そこが回復すれば、体調や不眠も回復しているだろうということです。

      私は、あと6カ月でベンゾフリー丸一年ですが、今年の12月に睡眠時間が6時間になっているとは、全く思えません。今までの回復過程から考えると1時間くらいでも喜ぶべきだと思います。

      また、これだけ肩が痛く、動かせない状態が2年も続いているわけですから、脳が回復しても肩の痛みが完全解消されないでしょう。だから、肩も痛さはしばらく残り、ストレッチや筋トレを再開して治っていくものだと思います。いづれにせよ、時間はかかります。

      それでも10年はかからないとは思います。

      1. お返事ありがとうございました。細かく分かりやすい説明を頂き納得しました。
        主治医に話しても増やして大丈夫だからと何だかトンチンカンな回答ばかりでして。自分の事とは言え 不安ばかりが先走り何を頼りに進めば良いのかと悩んでいました。
        shinさんの様に分析出来る冷静さを持っていけたらと思いました。何度もありがとうございました。

        1. Kenさん、こんばんは。

          冷静に分析できたのは、ほんのこの一年ですよ。その前は、睡眠薬と医師に頼りきる普通の不眠症患者でした。

          僕はおそらくKenさんよりどん底を早く経験しています。その違いだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)