7月 減薬後月別メモ

最近、状態が全く回復しないのでサボっていましたが、減薬後の症状をメモしておきます。

断薬後は、残念ながら不眠も肩の硬直も悪化し、回復は完全に座礁にのりあげた状態ですが、希望を持って回復を待ちたいと思います。

2018年7月29日 減薬開始

−デパス+ハルシオンの常用量で絶不眠に陥り、自己判断で減薬開始
−常用量 デパス 1.5mg(直前で2から減薬) ハルシオン 0.25mg(たまに0.375mg)

2018年8月 
−減薬 ハルシオン 0.25→0.25、デパス 1.5→1
1〜2週間は目眩と動悸が酷かったが、それ程苦しまなかった。どちらかというと、離脱を実感できて減薬の効果を確信。
便秘は2〜3週間でほぼ解消
肩の硬直も7割方解消
睡眠も一時的に悪化したが、だんだん安定し3〜5時間程度眠れるようになる
−海外旅行に行って楽しめる程回復
肩の硬直以外の離脱はほぼ8月中に解消した

2018年9月
−減薬 ハルシオン 0.25→0.25、デパス 1→0.81
−減薬は快調に進む
−肩の硬直は更に軽減
気分も良く、食欲もあり、体調は良い
睡眠時間は2〜4時間だが問題ない

2018年10月
−減薬 ハルシオン 0.25→0.25、デパス 0.81→0.65
肩の調子はそこそこ
−絶不眠が1週間に何回かあるが2〜4時間は睡眠をとれている
−気分も比較的よい

2018年11月
−減薬 ハルシオン0.25→0.25、デパス 0.64→0.41
次第に絶不眠、1〜2時間の無認知睡眠が多くなる
肩の硬直が悪化
便秘、胃腸障害が再発
火照りが発症
−胸のゾワゾワ感、締め付け感が発症

2018年12月
−減薬 ハルシオン 0.25→0.18、デパス 0.41→0.5→0
−デパスは12/6で一気断薬
2日に1日は絶不眠、平均睡眠時間2時間未満
肩の硬直と便秘は悪化
身体が火照る
−どうやら旅行は楽しめた

2019年1月
−減薬 ハルシオン 0.75→0、デパス 0.5→0
−ハルシオンは1/11で断薬
減薬の途中1/1から完全に絶不眠に入る
体温が上がり、身体が火照る
便秘は波があるが、徐々に軽減、解消
肩の硬直は波があり、だんだん悪化、そして固定化
−肩の痛さが鈍痛と激痛を繰り返すようになる
−脈拍数が上昇

2019年2月
−デパス、ハルシオン断薬終了 2ヶ月目
−連続絶不眠2ヶ月目
肩の硬直は悪化が固定化
−気分が冴えない
食欲もなくなってくる

2019年3月
−デパス、ハルシオン断薬終了 3ヶ月目
−連続絶不眠3ヶ月目
3/7,3/8に意識が途切れたような気がしたが気のせいかもしれない
とにかく肩の鈍痛、激痛が酷く「ちぎれそう」と表現している
−便秘は解消しているが、食欲が無い
−旅行は絶不眠が続き、食欲もなく、旅中ずっと寝込んでいた        

2019年4月
−デパス、ハルシオン断薬終了 4ヶ月目
−連続絶不眠4ヶ月目
絶不眠と肩の硬直の最悪レベルの固定化は変わらず
−食欲も無く、生への執着がなくなっていた
4月なのに寒く感じることが多くなり、身体が火照ることがなくなった
−4/8くらいから体調は悪いが、少しだけ気分が晴れてきた
4/10の夜、突然30分眠れ夢を見ることができ、肩の硬直も軽減する
−脈拍数が79→67まで下がる

2019年5月

  • 断薬5ヶ月目
  • 連続絶不眠5ヶ月目
  • 絶不眠、肩の硬直ともに最悪レベル
  • 脈拍数70
  • 1日平均睡眠時間: 6分 (15〜30分眠れた日が6日間あった)
  • その他の離脱症状: なし
  • その他気づいたこと:

−髪の毛が抜けなくなった

−安静脈拍数が70以下を維持できるようになった

−目から涙が出なくなった

−食欲が安定してある

−ときどきだが、眠気を感じる

2019年6月

  • 断薬6ヶ月目
  • 30〜60分程意識が断絶する日が1ヶ月間のうち15日あった!
  • 肩の硬直は以前最悪レベル
  • 脈拍数は以前70と高い

2019年7月

  • 断薬7ヶ月目
  • 睡眠や以前絶不眠状態
  • 肩は硬直最悪レベルを更新
  • 6月は30分の睡眠が15日程あったが、7月は激減し3日しか無かった
  • 絶不眠と肩の硬直レベルが1月から最悪レベルになり、非ベンゾ系の睡眠薬の再服用を決意した。生きる気力が無くなった。生き残るため苦渋の決断だった。
  • 残念だが、今年中の自然入眠は諦めた
  • 脈拍数は以前70

                                

7月 減薬後月別メモ” への4件のフィードバック

  1. こんにちは

    僕は、shinさんの断薬状況をこのサイトを通じて拝見させてもらい、正直カルチャーショックでした。ここまでして断薬と戦う方のサイトは見たことがなかったからです。ご年代は先輩にあたると思います。また、人間性の真っ直ぐの方なんだなぁとも思いました。それはすばらしいことです。重度の不眠患者が決意、実行にそう簡単には至らない中で、睡眠薬・向精神薬の後遺症ということに着目して、
    これまで処方する医療従事者ですら事細かく患者に説明配慮の足りなかった部分を、自身の症状から断薬決意し、記録、また身体に影響を及ぼす具合をわかり易く訴えかけてくれているのが文章からも読み取れます。辛いかもしれませんが、明らかに確実に回復していると思います。応援しています。

    1. 岡部さん、こんにちは(^^)

      コメントありがとうございます。

      減薬、断薬と頑張ってきましたが、ベンゾに侵された脳は回復しないかもしれませんねえ。
      冷静に考えてみると断薬後は、絶不眠も肩の硬直も何も変わっていません。

      GABA受容体の損傷レベルで回復される方もいますが、僕の場合はもう回復しないのかもしれません。
      最近、そう思い始めました。

      これからどうするかは、決めていません。
      少なくとも、あと4〜5年は絶不眠が日常で続くと思います。

      正直、不眠症と戦うのも疲れてきました。
      この不治の病とどう向き合うかを自分なりに考えているところです。

  2. Shinさん、私はロヒプノールを30年飲んできました。
    今、断薬3か月目ですが、Shinさんと同じような症状で苦しんでいます。
    最初は希望がありましたが、最近希望が無くなっています。
    仕事辞めないとダメですかね?明日から10日間連続出勤で、減薬が
    憎薬になってしまいそうで怖いです。
    ご成功をお祈りしています。

    1. けいさん、こんにちは。

      3ヶ月で諦めるのはまだ早いと思います。
      断薬ブログを見ると長い方は3〜6ヶ月くらいで少しづつ回復しているようです。

      私のようにすでに9ヶ月目に差し掛かるのに症状が全くよくなっていない例はあまりなく、僕はそれもあって自分の回復はすでに諦めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)