断薬後229日目 絶不眠だが休めた

昨夜はベルソムラを10mg服用したが、全く効かなくなった。23時に就寝し、ずっと意識はあったがリラックスはできた。心地よい気だるさと、まどろみでダラダラと10時まで横になっていた。肩の痛みも軽減しているが、強張りは相変わらずだ。

昨夜は、夕食を抜いた。そのため脈拍数が早くから下がり、就寝前から70くらいまで落ち、体温も低めだった。おそらく、プチ断食が良かったのだと思う。ベルソムラは、本当に効かなくなった。脈拍数は68、57だ。

顔がむくんでいる。最近、また髪の毛がかなり抜ける。数えてないが50本くらいは抜けている。

来週、金曜日からパタヤに行く。プールに入ったり、ビーチに行ったり、夜市をぶらついたりしてダラダラしてこよう。本当はもっとアクティブな旅がしたいのだが。

断薬後229日目 絶不眠だが休めた” への4件のフィードバック

  1. ベルソムラも効かなくなってきた。悩ましいことですね。睡眠薬はすぐ耐性がつきますからね。
    今後睡眠薬に頼らないで治療していくにはどうしたらよいか、厳しいところですね。

    私はshinさまより軽症で離脱も経験したことがないのでアドバイスなどおこがましいですが、少しでも楽になられたら良いなあと思い書いてみます。
    睡眠というものをどう捉えるか、考え方を変えてみたらどうでしょう。

    私も半年前くらいまでは絶不眠が2日続き3日目に1時間しか眠れないような日々でした。薬を飲んでも全く効きませんでした。
    とても辛く悩みました。
    その結果、まず眠れなくても死なないと自分に言い聞かせ深呼吸をして気持ちを落ち着かせるようにしました。深呼吸(瞑想)も即効性はありませんが毎日やっているうちにかなりリラックスできるようになりました。脈拍数も下がります。
    そしてたとえば1時間でも眠れたら、ああ良かったなあと心から思うようにしました。何で眠れないんだろうと思い悩むのはやめるようにしました。
    こうしてるうちにだんだん眠れるようになりました。

    shinさまは昨夜は10時間くらい就寝されて絶不眠だったんですよね。その間ずっと意識が途絶えることがなかったんですよね。まどろむとありましたがそれは睡眠とは考えられないのでしょうか。
    私は寝ていてもほぼ1〜2時間おきに目が覚めてトイレに5回は行っています。目がさめるとしばらく眠れない感じもあります。寝ているのか寝てないのかよくわかりませんがそれでも自分は寝ていると思ってます。そう考えた方が気持ちが楽になるからです。何回も覚醒してても寝てるからいいかなと思っています。
    ただ絶不眠のときは非常に時間が経つのが遅く辛いので起き上がって読者したりしてます。意識があるまま寝床には長い時間いられません。shinさまは肩の痛みで起き上がれないのですよね。

    まどろむというのを睡眠だと考えたらと思うのですが。絶不眠だった、と認識するより気持ちが楽になりませんか。絶不眠をどうとらえるかですね。

    すいません、本当に絶不眠を何日も経験したことがないのでこんな勝手なこと言ってるだけかもしれません。

    ただ、少しでも楽な方に考えてshinさまも楽になってリラックスされたらよいなあと思っただけです。
    shinさまは御自分にとても厳しい方かなと思われます。
    辛い日々が続いてるときは少しでも御自分をいたわって、良い方向に考えて御自分をヨシヨシといたわってあげてくださいね。
    実際最近眠れる日が増えてますよね。睡眠薬の効果というより眠る能力が改善してきたためですよ!
    \(^o^)/

    1. Shihoさん、おはようございます!

      長文のコメントありがとうございます。
      とても、心の支えになります。本当に感謝しています。

      >睡眠というものをどう捉えるか、考え方を変えてみたらどうでしょう。

      確かにそうだと思います。
      Twitterを見ていても、心の病を抱えた人が多く、考え方を変えたら楽になったというつぶやきをよくみますよね。
      僕もそういう時期はありました。

      ただ、僕の場合、今は心配や焦りは全くなく、精神状態は極めて安定しています。
      以前は、眠れず焦りと恐怖に苛まれた時もありました。しかし、それは3日や1週間眠れない時で、さすがに8ヶ月も
      絶不眠が続くと、そういう精神的な不安はなくなるというか、消えます。絶不眠に対する心配、恐怖というのは、回復や希望が
      前提にあるからあるのだと思います。残念ながら、もう回復するという希望がなくなり、期待することが無くなりましたので、
      その部分は解決しています。

      絶不眠について恐怖、不安、心配は、回復する見込みが立たないことへの絶望から起こるのだと思います。
      しかし、僕の場合、もう回復するという希望を正直持っていません。だから、絶不眠でも何も感じなくなっているという
      のが本当のところです。多幸感が全くないので、あまり、良いことではありませんが様々な不眠の要因の中で精神的な
      部分はすでに解決していると思います。

      僕の場合、一番の問題は不眠に対する「気持ちのもちよう」ではなく、物理的に身体が持たないことです。

      ドリエルやベルソムラが2週間で耐性ができてしまった。これからどうすればいいのか全くわかりません。

  2. 知ってたらスミマセン。
    blog「さよならデパス」の管理人さんは肩の痛み 断薬後2年頃に回復したようです。

    1. 匿名さん、ありがとうございます。

      参考になります。
      ブロガーさんは、断薬後は比較的短期間で良くなってますね。他のブロガーさんやコメントしてくれている方も同じような傾向です。

      私は既に8ヶ月がたって全く良くなっていませんので、少し状態が違うと思います。普通、状態がだんだん良くなってくるものですが、私の場合、1月からほとんど変化がありません。

      最近、睡眠と肩の硬直の回復には、何も期待しなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)