断薬後247日目 60分睡眠

レポスミンを37.5mgに減らした結果、やはりすぐに入眠できず、60分眠れたかどうかという感じだが、正直良くわからない。起床後は、肩が痛いが、気分は悪くなく、食欲もある。疲れはある程度取れている。

昨夜は、24時就寝、22時にレポスミンを服用したが量が少ないためやはり、効果が穏やかだ。ベッドに入ったが、眠れず気づくと1時半になっていた。既に血中濃度が一番高い時間帯を過ぎている。もう眠れないかなあと諦めていたが、朝方、5〜6時くらいに60分程度は眠れたようだ。脈拍は69、59とアロチノールを使ってない割には低い。これが65、55くらいになると眠れるのだが。札幌は急に冷えてきた。現在は17℃だが、僕は半袖だ。だから、身体が若干冷えて、脈拍数が下がっているのかもしれない。

温度が下がってきたら、やはり肩がバキバキになる。しかし、それ程痛くはない。耐えられる痛さだ。

このままレポスミンが減薬できて、入眠できるようになってくれればいいのだが..。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)