断薬後323日目 レポスミンで3時間眠れた

昨夜は、23時にレポスミンを服用し就寝、少し眠気を感じたが、なかなか眠れず一度1時半くらいにトイレに起きたが、その後眠れ4時くらいに目が覚め、そのまま覚醒、7時半に起きた。トータルで3時間くらいは眠っった。肩の調子もよく、食欲もあり、気分も良い。

やはり、1週間に2〜3日睡眠を取ると、かなり楽だ。レポスミンもShihoさんやケイさんの仰る通り週に2〜3回なら耐性がつきにくいし、1度ついても少し開ければ、また作用を感じることができる。かなり効き目は弱くなってしまったが、時間をかければ眠れる程度に効いている。レポスミンを服用した当初は、30分くらいで眠れたが、やはりそうはいかないようだ。

脈拍数は70、55。安静脈拍数がどうも低下しないが、これが65くらいまで下がってくれれば自然入眠も近いだろう。今日はレポスミンの離脱で肩が痛いこともない。

1月〜7月まで絶不眠を続け、回復を待っていたが肩の痛みと絶不眠は殆ど良くならなかった。断薬後の回復期もレスタミン系睡眠改善薬を使っていればもっと早く回復したかもしれないと思うと悔しい。しかし、常用期にレスタミンなど全く効かなかったので、服用しようとは全く思わなかったし、またレスタミンによる副作用や離脱が起きたらと考えると、ドラッグフリーで一日でも早くGABA受容体を修復し、回復したいという気持ちが強かった。苦しかった7ヶ月を振り返ると「たられば」が多くなるが、時間は取り戻せない。これからは後悔が無いように、まずはやってみることを心がけようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)