断薬後324日目 レポスミンで絶不眠

昨夜は、ちょっと調子が悪くなりそうだったのでレポスミンを服用し、23時に就寝したが全く眠れず4時に起きてしまった。睡眠薬を飲んで絶不眠だと身体が本当にだるく、肩が痛い。

今日は、外が−3℃だ。寒さが身体に応える。しかし、寒いという程度で悪寒はないし、今日も普通に水を浴びたが、なんともなかった。

僕は一生、自然に寝ることができないのだろうか?まあ、それでも今の体調ならそれほど問題ない。離脱は肩の硬直のみで、他の不調はないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)