断薬後344日目 1時間眠れた?

昨夜はさすがに疲れた。23時に就寝し、5時に起床した。多分、1時間くらいは眠れたのではないかと思う。意識はずっとあったが、4〜5時くらいに1時間くらい眠れた気がする。脈拍数は75、62とえらく高い。こんなので眠れるわけがないのだが、昨夜は少しは眠れたような気がする。

一昨日は、安静脈拍数が76だった。これは過緊張の状態だ。安静脈拍数が75以上になったのことは、睡眠薬常用期以外はそれほど無い。

今日は仕事で今年最後の大きな仕事がある。作業量は大したことないのだが、新しいサービスの販売開始で少し緊張している。仕事特有の心地よい緊張だ。このサービスを用意するのに企画から2ヶ月かかった。最大の難関は、法的なコンプライアンスで、弁護士と何度もやり取りした。私が直接していたわけではないが、会議で何度も原案を作り直し、弁護士の意見を取り入れながらサービスの仕様を変え、販売のランディングページを作り変えた。そして、1週間遅れでやっと、年内販売にこぎ着けた。

ネット商売は、時間をかけて作ったものも3〜4時間で成功か失敗かがわかってしまう。私の企画したものは過去20年くらい6〜7割位の確率で成功しているが、前回は大失敗だった。そして、すっかり自信を失っていた。

6月にローンチしたサービスは最初の1週間で3ユニットしか売れなかった。ネットサービスの立ち上げに関わって20年経つが、こんな大失敗ははじめてだった。

断薬終了したのが1月11日だったが、断薬後は最初の6ヶ月くらいが一番辛かった。その6ヶ月の中でもおそらく2月〜5月が絶不眠と肩の硬直の離脱が一番辛かったと思う。失敗したサービスの開発は3月〜5月だった。離脱中の脳の回転は遅く、発想が乏しい。そんな頭では、何をやってもうまくいかないのだ。

それから6ヶ月、とうとう前回のリベンジの日が来た。さて、どうなるかことだろうか?ドキドキだ。

ただ、今回は失敗しても、それほど落ち込まず、「まだ、まだ!」とすぐに切り返せそうな気がする(^^)。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)