不眠症の完治とは?

よく、不眠症が完治はどんな状態ですか?と聞かれることがある。

質問者の期待している答えは、「毎日8時間眠れることです。」のような健常時の前、しかも最も体調が良い時の睡眠時間を期待しているような気がしてならない。

しかし、そんなことは不可能である。まず、第一に私達は年齢を重ねている。加齢に伴って、だんだん睡眠時間が短くなっていくのは自然だ。そして、第二に私達の脳はベンゾで傷だらけになっている。例え、その傷が細胞が入れ替わり癒えたとしても、それは完全には治らないと私は思う。それは、GABA受容体でも、外傷でも同じである。完全に前と同じ状態になることなどあり得ないのである。骨が骨折して、治ったとしても、骨折した部位は他の部位よりも弱い。それは、脳でも同様である。不完全なGABA受容体により、健常時よりも入眠困難になったり、睡眠時間が短かったりするのは、当然である。

そう考えると、断薬後の完治というのは、ある程度は妥協が必要なのだ。

私の場合、毎日、1日2時間眠れれば、現在は十分であり、それ以上の睡眠時間は仕事をする上でも、プライベートを楽しむためにも必要ない。1日2時間眠れれば、あとはベッドの上でグダグダ過ごし、6時くらいにジョギングでもすれば、1日のスタートは気持ち良い。

だから、私の完治宣言は、毎日2時間眠れるようになった時にすると決めている。

不眠症の完治のレベルは、人それぞれだ。しかし、不眠症の初期に1日7時間眠るのを良しとし、眠れなかった分を睡眠薬で埋め合わせしようとしたのが、すべての始まりである。だから、私は眠れる時間には拘っていない。眠ることができて、日中の活動に支障がなければ、私はそれが完治だと思っている。

不眠症の完治とは?” への6件のフィードバック

  1. こんにちは

    shinさんならもう大丈夫ですよ。

    私は眠ろうが眠れなかろうが症状に執着しなくなれば完治だと思っております。
    頭の中が生活主体となり不眠症や離脱症状の対策をやめていれば完治です。
    その境地になれば自ずと眠れるようになります。

    昨夜は自然入眠できたようですね。おめでとうございます。
    眠れた事で喜び過ぎないようにしてくださいね。
    これで治ったとか思わない事。治った治らないにこだわっているとまた眠れなくなります。
    症状には一喜一憂せず仕事や趣味に明け暮れてください。

    1. 三聖様は素晴らしい!私もすごく勉強になります!執着しないのは素晴らしいアイデアで治し方だと思いますが、眠れなくて辛いとどうしても執着してしまうのがわたしはダメなのだと思います。もう一つですね!此れからも素晴らしいアドバイスをどうぞよろしくお願い致します。

  2. いつもお世話になってます。
    薬剤性不眠症、違うステージに上がられたようでおめでとうございます。

    私も離脱症状、不眠の完治っていつなんだろう?完治はないのかな?と思ったりしますが、きっと離脱症状、不眠という言葉を忘れる時間が多くなった時がそうなんでしょうね。
    私は1年もたってないのでまだまだって感じですが。
    気持ちが折れず前向きになってきてるのは感じれてます。
    チャットから三聖さん居なくなられたみたいで、貴重な助言をいただけなくなったのが寂しいです

    1. コメントありがとうございます。

      不眠や離脱を考えなくなるのが完治だとしたら、まだまだですね。理想はそうでも、たぶん、それは無理でしょうね。僕は不眠が自分のアイデンティティになってしまいまさたから。

      三聖さんは、チャットは退会しましたが、こちらにコメントを残して頂けると温かいメッセージ頂きましたので、よいコメントは掲載していきますので、お楽しみに^_^。

  3. お久しぶりです。
    2回めの投稿になる釧路在住のようこと申します。
    漢方は効かなかったらしいですが。保険の効かない漢方薬局で酸棗仁湯(さんそうにんとう)という成分の入った漢方薬が売っていました。
    私はまだ減薬中でベンゾ盛り盛り脳なので大した変わらなかったですがこちらの漢方はお試しになったことありますか?

    1. ようこさん、おはようございます^_^。

      漢方ですが、何度も試しましたがメモが残ってないんですよね。
      民間薬局で10万円以上は使っていると思いますが、副作用以外は何の効果も有りませんでした。すいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)