不眠症に苦しむ方へ(三聖さんのメッセージ)

薬による睡眠は眠気もないのに眠らされる、気絶もしくは失神に近いものがあります。
薬で5時間眠るより自然入眠短時間(ショートスリープ、マイクロスリープ)のほうがよっぽど脳が休まりますし眠る力が戻っていきます。
薬を飲むと脳はどんどん眠り方を忘れていきます。
そして耐性が出来て薬が効かなくなっていきます。

断薬後しばらくは不眠が続くかと思います。ですが辛抱強く耐えてください、それはもうとても治らないと思えるぐらいに絶望的になるかもしれません。回復力は人によりますが一日二日で治るものではありません。月単位、ひどい方は年単位かかります。今すぐどうにかしたいと思う気持ちもわかります。その気持ちは捨ててください。それは命をかけるぐらいの覚悟が必要という事になります。(実際には不眠では死にませんので安心してください)

【Shinの感想】

不眠で死ぬことはない。これは、私も実体験から同意見である。私は自分の場合しか知らないが、薬害不眠症を克服した方は、殆どが絶不眠でも、薬を飲んでいた時より体調が良いと言う。だから、誰も死なないと思う。もし、死ぬことがあるとしたら、それは不眠によるものではなく、睡眠薬から来る離脱が原因だ。Benzobuddiesでも何人かの方が亡くなっているが、離脱から来る精神不安が原因での自死によるものである。

医師のデタラメなエッセーや説明を信じるべきではない。あんなものは、何の医学的な根拠もないネット上の情報の受け売りなのだ。精神科医は、専門用語を患者より知っているのは確かだが、その不眠や離脱、断薬についての本質的な知識は殆どないし、知ろうともしていない。そんな連中が適当にWebや本で集めた情報を受け売りしているだけだ。

医師などの記事によると、世界で最も長い不眠記録は2週間で、それ以上不眠が続くと、精神に異常をきたしたり、死ぬ可能性もあるなどとデタラメが平気で書かれている。何を根拠にこんな嘘が平気で発信されているのか私には理解できないが、おそらくは、「だから精神科に相談に行って、睡眠薬漬けになりましょう」ということなのだと思う。

睡眠日記を見てみないとわからないが、私は連続で2ヶ月以上は絶不眠が続いた期間がある。この時期は、目は閉じリラックスはしていたので、横になっている就寝時に1分くらいは意識が瞬断していたこともあるかもしれない。しかし、断薬直後は、いつまで続くかわからない絶不眠と死ぬかもしれないという恐怖から、就寝時にハイになってしまい、辛くて、DAZNを3週間程見て、リビングで朝までサッカーを観ていたので、その期間は殆ど目もつぶっていない。それでも、死ぬどころか睡眠薬を飲んでいた時より、体調も気分もずっと良かったのだ。

何度も言うが、1週間や2週間眠らなくても死ぬことはない。絶不眠が1ヶ月、2ヶ月続いても、死ぬこともない。不眠症で死ぬことがあるとすれば、それは睡眠薬から来る離脱による不調と精神不安からである。それを回避するには、睡眠薬を断薬するしか方法はないのである。

不眠症に苦しむ方へ(三聖さんのメッセージ)” への1件のフィードバック

  1. 三聖様、素晴らしいメッセージとアドバイスをどうも本当に有難う御座います!!!三聖様のコメントには本当に断薬に希望が持たされます!学ぶことが多いです!!!此れからも素晴らしいアドバイスをどうぞよろしくお願い致します!(勿論、Shin様も、ものすごく素晴らしい方だと思います!Shin様のブログも物凄く勉強になります!!!どうぞ、今後もブログの発信をよろしくお願い致します!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)