断薬後406日目 絶不眠

24時に就寝し、7時に起床だが、全く眠れず絶不眠。肩がゴリゴリで痛い。気分はよくなく、食欲も無いが、便秘はしていない。脈拍数はFitbitを外していたのでわからない。

そういえば、最近眠れなくてもレポスミンを服用しようという願望がなくなった。やはり、レポスミンでもプチ精神依存はあるのかもしれない。あれだけ、効果がなく、肩の硬直の離脱しかなかった薬でも、やはり眠れないと頼ってしまう気持ちはあった。しかし、最近はレポスミンに頼ろうとはしない。サプリメントも飲もうとは思わない。

体調が悪くても、薬やサプリメントから心が離れた時こそ、精神的には本当に回復期を迎えているのかもしれない。私は、今まで精神の回復とは、不安定にならないことだと思っていた。しかし、薬やサプリメント、それにカイロプラクティクなど他力本願的な方法に助けを求めているうちは精神的依存という心の病は治癒してないのだろう。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)