温泉でリラックスして眠れなかった

昨日、定山渓のお気に入りの高級旅館の日帰り入浴に入ってきた。1時間半程だが、とてもリラックスでき、今日はよく眠れると思った。

しかーし、これが眠れないのである。しかも、1:30頃から体がポカポカして寝苦しく結局6:30頃まで眠れなかった。これは、朝風呂など入らないほうがいいと思い、朝食を取ったが、よく考えてみると朝風呂に入ると体温が急激に下る。もしかすると、午前中急激に体温が下がり、昼ころに体温が上がって、夕方から夜にかけて下がる健康な体温変化に戻るかもしれないと朝風呂に入ったところ、やはり当たった。午前中は体温が下がり、心地よい気だるさが感じられる。このまま、日中にかけて体温が上がってくれれば正常なのだ。

昨日は、ジョギングの際に、気温も高く、いつもより半周多く走ったせいもあったが、顔から汗が吹き出していた。もしかすると、温泉効果で体温が上がりやすかったのかもしれない。あの状態で床に入っても眠れないのは当然かもしれない。

温泉は、温まり過ぎては睡眠によくないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)