GABA

サプリメントの中でもGABAはGABA受容体に直球で効果があるような名称だ。ところがGABA自体は、外部摂取では脳幹を通らないという説もあり、アッシュトン先生もGABAは効果ないと結論付けている。

しかし、日本の医学界のインチキ臭い研究によるとGABAの2g以上の摂取で、就寝前に鎮静効果が見られたという記事を見つけた。もともと、医師、医療研究者は人の不幸を飯のタネにするゴロツキが殆どだと僕は思っている。そして、10年間で15人程の精神科医は、やはりゴロツキだった。献身的に医療に従事されている方には、本当に失礼だと思うが、たぶんそういう人ほど僕の見方に賛成してくれるだろうと思う。

話はそれたが、GABAの研究も食品メーカーからチョコレートを売るために世に出したレポートではないかと疑いつつも、全く症状が回復しないので、藁をも掴む思いで、GABAを試した。

GABAは、日本のセコいサプリメントだと含有量が200mgくらいで、全く話にならない。日本のサプリメントは、容量が少なすぎ、しかもバカ高い。単位あたりで料金を比べると5倍くらいする。そこで、米国からNOWの750mgのものを3錠服用してみた。

GABAは鎮静効果があるはずなのに、服用してすぐに下記を感じた。

 胸が弱いが、張り裂けそうになる

 顔、首辺りがピリピリする

こういう感じが15分程続くのだ。そして、その後は何も感じない。鎮静効果もないし、入眠効果も無い。これが僕の感想だ。僕は、GABAを2週間程続けたが、殆ど毎日ピリピリは続き、鎮静効果も入眠効果もなかった。

どうやら、このピリピリと胸の張り裂け感は、僕特有の症状ではないらしい。Amazonのレビューでも多くの方が同じような体験をしている。しかし、中にはぐっすり眠れたという人もいた。

ピリピリ感だが、ナイアシンと大きな意味では似ているかもしれないが、発症部位と強さが全く違う。ナイアシンの場合、顔、耳、首周り、腹、脚、足先など身体全体がピリピリし、赤くなり、猛烈に痒くなる。しかし、GABAの場合は顔だけで、赤くもならないし、痒くもならない。時間も15分程度だ。また、GABAの場合、胸の張り裂け感がある。これもナイアシンにはない。

GABAフラッシュとも呼ぶべきこの現象について、ナイアシンのように解説している記事はない。だから、作用機序もよくわからない。しかし、GABAを服用して直後にフラッシュするのは僕だけの偶然ではないようだ。

睡眠への影響についても、健常者にはある程度の効果があるようだ。しかし、僕にとってGABAは、睡眠にも、鎮静にも、リラックスにも効果は全くなかったと結論付けたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)