断薬後の停滞

断薬後の不眠と離脱に大きな仮説ミスをしていた。減薬、断薬を実行している人は参考にしてほしい。

当初、僕は断薬後の不眠及び離脱の経過として、下記のロジックで仮説を立てていた。

  • 離脱はベンゾの血中濃度の低下、及び不安定化で悪化する
  • 減薬初期に不眠と離脱が改善したのは、血中濃度が低下したから
  • 減薬後期に不眠と離脱が悪化したのは、日中の血中濃度が不安定化したから
  • 断薬後は血中濃度が0になり、日中の血中濃度は安定するので、睡眠も離脱も改善する。少なくとも、悪化はしない。

しかし、断薬後は不眠も離脱も悪化した。

確かに、ベンゾの血中濃度は2週間程度で0になる。脳の細胞レベルでベンゾの残留があったとしても、減ることはあっても、増えることはない。薬は飲んでいないので、日中の血中濃度変化は無い。

しかし、見落としていたことがあった。減薬後期では、すでに睡眠薬は不眠には何の効果もなく、睡眠薬を飲んでも絶不眠が続いていた。だから、薬を断薬しても離脱も悪化しないだろうと思っていた。

確かに、減薬後、離脱は肩の硬直だけに絞られ、他の離脱は完全に解消した。しかし、肩の硬直は、減薬後期の痛さとほぼ同じレベルか、少し悪化したくらいのレベルで固定化してしまった。

不眠症の闘病生活で最もきついのは症状の固定化だ。症状が悪化すると、経験的には2週間くらいでドン底は終わる。また、悪化すると何とかしようという最後の生命への執着が目覚め、何かしらの行動を起こす。しかし、症状の固定化は、そういうきっかけを失い、生きる本能がすり減っていくのだ。

症状の悪化と固定化は、ベンゾが0レベルになり、血中濃度が0で安定化したことがもたらした現象に他ならない。よく考えてみれば当たり前なのだ。しかも、ベンゾの悪影響が無くなってから不眠、離脱症状が改善するのには気の遠くなるほどの時間がかかるのだ。

なんとなく、わかっていても体験するとこの時間は永遠に感じる。朝起きあがり、夜にベッドに横になる、そしてまた朝が来るのだが、何も変わっていない。1日後、1週間後、1ヶ月後に症状が悪化したままで何も変わらない。気が狂いそうになる。

断薬後は、ベンゾのレベルがゼロになり、そこから回復には相当な時間がかかる。そして、症状の悪化・固定化が不安を増幅させる。これが断薬後の停滞の正体だ。

断薬後の停滞” への4件のフィードバック

  1. 今振り返ればその通りとひしひし感じます。
    「断薬後の停滞の正体」、、、この悪魔の囁きに負けて再服薬すると振り戻し。
    再服薬後、状態が安定する場合のみ新たにゆっくり減薬しても回復の可能性はあると思う。
    そうでないなら、どこまでも耐えて断薬継続することが回復への早道ですね。
    shinさんの言う通り。
    経験して乗り越えたら、また乗り越えつつあるなら簡単な法則だけど、真っ只中では正しい判断が難しい。
    本当に何よりも苦しく険しい道ですね。
    ここを過ぎると、じょじょに全く違う世界が開けてきて、生まれ変わったような自分を感じ始め、回復のスピードがぐんぐん速くなる。
    「生きていて良かった」と思えて、自分の人生がこんなに素晴らしいものだったのかと実感できるようになる。
    何だか綺麗事のようですが、色々な方のブログを読んでいると、断薬後半年くらいにはこんな感じになる人が多いような。
    私もそう思うし、断薬を乗り越えるとその後の生き方が変わる、、、これは間違いないですね。
    shinさんは凄い精神力の持ち主だから、これからの回復が楽しみです。
    先走った(笑)感想すみません。
    上がったり下がったり、しばらくシンドイでしょうが、頑張って下さいね〜!

    1. ゆうさん、こんにちは。

      いつもいつも、励ましの言葉ありがとうございます。

      本当にそうだといいのですが…(^o^)。でも、今度は大丈夫でしょう。

      僕のブログは、女性の購読者も多いと思うので言いにくかったのですが、この間見た夢はソフトにHな夢でした。
      実家に知らない女性が居て、「早く逃げましょう。私のバイクに乗って。」と言われてなぜか、大型バイクの後ろに乗るのですが、
      捕まるところがなく、女性の胸に触ってしまうのですが、「あ〜、柔らかい」と思ったら目がさめました😅 ショーモナイ話なのですが、
      その日、あの夢はなんだったのだろうかと考えさせられました。

      そして、出た結論はあれは雄の本能が戻ったことを知らせに来た夢だったんじゃないだろうかというものでした。

      変な話で申し訳ないのですが、たぶん、これが快方に向かう確信になりました。僕は、もう3年間くらい女性を異性と感じる
      感覚を失っており、完全に中性化しています。おそらく、ベンゾの影響だと思います。こういう夢を見るということは、少し本能的な
      部分が蘇ってきたのだと思います。

      ベンゾは、「食欲」「睡眠欲」「性欲」の3大欲をすべて奪います。食欲は、3月に凹みましたが減薬後はすでに戻っています。睡眠欲は
      まだ全くありません。おそらく、性欲が少しづつ戻ってきたのかもしれません。本人は、まだ全く感じませんが、夢を見るということはそう
      いうことなのだろうと思います。

      だから、今日また絶不眠になろうが、あまり気にしていません。(^^)

  2. 様々な感覚が戻りつつあるのですね(笑)
    「生きる」ということは、そういうことですよね(笑)
    こんな話も人間らしくていいなあ、、、と微笑ましくなりました。
    毎日厳しく辛い内容の中でも「生きる本能」失いたくないですね。
    思わず返信してしまいた😊

    1. ゆうさん

      下品な話をお受け流し頂き感謝です。
      しかし、性欲の問題は、若い方には大ショックだど思いますので、そのうちまじめに取り上げようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)