8月15日 自宅 入眠難、再眠安

今日は、お盆の最終日です。

今日の食事は:

朝: サンドイッチ

昼: 五目うどん

夜: とんかつ

炭水化物の取りすぎと、夜が重いのがイマイチでした。

さて、今日の処方薬ですが、昨日と同様:

 

circadin 2mg

Remeron 15mg

Deanxit

Quantia 25mg

9時ちょっと前に、薬を飲み、10時には就寝、この後、むずむす脚や背中の違和感などに悩まされ、0:30分まで寝たり、起きたりしていました。その後、すーと寝入りました。以前は仰向けでないと眠れなかったのですが、最近、横向きで眠れるようになりました。昨日も脚に負担が掛かる仰向け姿勢を止めて、横向きになってから入眠しました。最近は、横向きで入眠できることが多いかな。本当にこの最近、多分この3〜4日です。

2時間半も掛けてやっと眠れたのにも関わらず、2:30にはトイレに起きてしまいます。しかし、トイレを済ますと、またすぐに入眠してしまい、その後も6:45に起き、またすぐに入眠し、8時くらいまで眠ってしまいました。

 

Quantia 25mgは、他の薬と併用しているのからなのか、それとも、単独で効いているのかは定かではありませんが、程々に効いています。程々としたのは、この薬、最初は入眠時にも効果があったのですがどうやら、入眠後の睡眠の方により効いているようです。というのも、最近、入眠は2時間以上かかりますが、一度眠ると、起きても比較的簡単に再度入眠できるのです。ただ、入眠が楽になったかというと、以前より手こずっているのが現状です。昨日も、むずむず脚と背中、肩などに違和感から、なかなか入眠できませんでした。しかし、以前のようにそのまま朝になることは殆どなくなってきました。これは、良いことです。

あと、朝起きてからの倦怠感、脱力感、疲労感も4〜5日前までは、夕方4時まで続いていましたが、段々と身体が慣れてきています。現在は、朝起きた時もそれ程の倦怠感、脱力感、疲労感は感じません。なんとなく、薬が抜けていないという感覚があるくらいです。

16日から面倒でも、朝はなるべくタンパク質中心に自宅で食べようと思います。この日のメニューは、セブンで購入したサラダチキン、卵1つに、コールスローサラダとヘルシー!不眠症を治すついでに、筋力アップや身体のゆがみも軽減したいと考えています。まずは、落ちて来た筋力アップだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)