ハルシオン減薬 164日目(デパス断薬済)

昨日は、一睡もできなかった。しかし、身体はリラックスして、肩の硬直もかなり軽減した。昨日は肩だけではなく、背中の上部も筋が切れたかと思う程痛かったが、今日はかなり軽減されている。昨夜は、マイスリーを飲まなかった。やはり、一睡もできなくてもハルシオンで減薬していきたいので、もう少し頑張ってみることにした。

現在の減薬状況だが:

【減薬】

デパス 1.5→0mg (2018.7-2018.12)

ハルシオン 0.25→0.18mg

【睡眠状況】

2/3は絶不眠

眠れても1〜2時間

【離脱症状】

肩の硬直 7/10

便秘 4/10

その他の離脱 → ほぼ解消

【サプリメント】

ビタミンC

ビタミンB50、B6

ビタミンE

クエン酸マグネシウム

Lトリプトファン

さて、このリラックス感の原因は?と考えると、昨日から飲み始めたトリプトファンかマグネシウムの効果では無いかと思っている。トリプトファンは、昨日と今朝の2回500mgづつ、マグネシウムは記載がないが133mgカプセルを昨夜と今朝の2回飲んだ。タイミング的には、マグネシウムを飲んだ後に、若干肩の硬直が緩んだ感じがしたのだが、プラシーボ効果だと思って気にしていなかった。なんせ、黒板に使うチョークの粉みたいな味がする単なる粉だ。

カプセルを空けて飲むと、トリプトファンは不味いとしか思わなかったが、マグネシウムはしばらく吐き気がした。だから、今朝は両方の粉末を野菜ジュースに溶かして飲んだ。そうしたら吐き気がしなかったので、今度から野菜ジュースで飲もうと思う。

どちらにせよ、精神安定にも、硬直にも効果がでている。その効き方も向精神薬のような効き方のわざとらしさや副作用を感じない。

今のところLトリプトファンやマグネシウムは、睡眠には効果が無い。ちょっと気が早いかw.

しかし、気づいたことがある。就寝時に脚がだるくなったのだ。僕は、健常時にいつも脚がダルく、脚を動かしていた。しかし、最近それがなかった。昨夜は、ベッドで横になっている時に脚が猛烈にダルかった。また、今朝も身体が少し気だるい。感覚的なものだが、疲労を感じるセンサーが少し動き出した感じがする。

これが、肉体的、精神的な疲れに繋がって、やがて睡眠に繋がってくれればいいのだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)