断薬後298日目 熟睡

昨夜は23時までマーケットで遊んでいて疲れた。友人と会っていたのだが、やはり、人といると疲れる。楽しいのだが…。

24時に戻り、洗濯を済ませた。睡眠薬は抜く日だったが、残り2日を十分楽しみたくて、レポスミンを50mg飲み、クーラーを消して就寝した。1時から6時まで完全に眠った!それから9時まで横になっていた。

睡眠薬は服用したが、熟睡なんてしたことは、ここ数年記憶すらない。しかも、一昨日は全くレポスミンが効かなかったのに。

肩も痛くない。脈拍は72、64と高い。アロチノールの離脱か?それとも、辛いものを食べたからだろうか?しかし、気分はいいし、食欲もある。

起きた時は、少し寒く感じた。就寝中、体は熱らなかった。

おそらく、眠ることができた大きな要因は、就寝時の室温なのだろうと思う。私は、身体が火照るのを嫌い、今までは、クーラーをかけて就寝していた。それがかえって身体を熱らせたのだ。昨夜はクーラーを1時間くらいつけて、室温を23度くらいにしてから、クーラーを切り、ブランケットの上で寝た。すると、身体は冷えたまま眠れたのだ。クーラーをつけていると、自己防衛のために身体が熱を発し、身体が火照るのだろう。

やはり、入眠時の絶対条件は室温と体温の関係にありそうだ。

こんな横丁の奥にモダンなホテルがある。横丁には、日本人観光客を狙ったいかがわしい店も沢山ある。
プッシュ通知を

断薬後298日目 熟睡” への2件のフィードバック

  1. GJですね!
    まさに希望の星。
    自然入眠は年内にできるはずです。
    私も頑張ります。
    私、昨日昼寝できました…💛

    1. モコさん、こんにちは。

      昼寝できたんですね。
      それなら、やはり僕とは全然レベルが違うと思いますよ。

      精神的な依存を乗り越えれば、断薬できると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)